白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神幸祭

7月某日

祇園祭と言うと、注目は山鋒巡行で10日からの鉾町で釘も使わずに建ち上げ組み立てられる鉾建てから
17日午前9時に四条烏丸をスタートして約2時間かけて市中心部を巡行でしょうか。
先頭の長刀鉾(なぎなたぼこ)の稚児が行う「しめ縄切り」、烏帽子姿の奉行による「くじ改め」、
函谷鉾・鶏鉾・鯉山や各山鉾を飾る色鮮やかな織物、
からくり仕掛けの蟷螂山など、豪華絢爛に飾られ素晴らしく、
有名ですが山鉾巡行が終わる夕刻から始まる神輿の神事も見応えありますね~
人が溢れかえっています。。。
三基で1,500人以上もの神輿の担ぎ手が八坂神社の氏子たちの各町内を別々に練り歩き
四条寺町の御旅所まで行く神幸際。
祇園石段下に三基の神輿が集結し担ぎ手たちがお神輿を頭上高く差し上げる
「差し回し」などの技を披露する約30分の熱気と大迫力です。
また24日の花傘巡行の後に始まる還幸祭は、
神幸祭とは逆に四条寺町の御旅所から祇園八坂神社に帰って行かれる時も同様の熱気と大迫力だそうです…

なんて書いてますが祇園にあるCafeで教えて戴き、18時スタートに合わせて見学してきました(笑

中御座(三若神輿会)、東御座(四若神輿会)、西御座(錦神輿会)の三基のお神輿に乗られた御神霊を
八坂神社の氏子の各町内を巡幸し四条寺町の御旅所に行くそうです。
そこに七日七夜留まわれた後、再び八坂神社に戻り、御旅所に行かれる7月17日を神幸祭(しんこうさい)、
八坂神社に帰って行かれる7月24日を還幸祭(かんこうさい)といい、
祇園祭の見どころは本当に沢山ありますね。
もうすぐ始まるのかな?  白馬に乗って。。。
神輿の見どころはなんといっても神幸祭に行われる「三社揃い踏み」と聞きましたが、
あまりの人の多さで辿り着けませんでした(笑
出発前に八坂神社の西門前に集まった三つの神輿が「ほいっと!ほいっと!」という掛け声で
それぞれの神輿が高々と担ぎ上げられる「差し上げ」、
時計回りに回転させる「差し回し」は迫力あるそうです。
観たかったなぁ…

そんな僕は四条通りと花見小路の一力さんの向かいで立ち見です。
白馬に乗った神童の頭には金冠が光り輝き観る者を魅了しますね。
そしてゆっくりと御神輿が目の前にやってきます。
中御座  郵便局の前あたりかなぁ…
担ぎ手の熱気がこちらまで伝わる臨場感は、初めて見た僕も、わくわく。
そして中御座の神輿が目の前にやってきました。
迫力に見物人からも歓声があがります。
なにせこの人の熱気も凄く、見てるだけの僕は暑さにバテバテ(笑
涼みに白川へ移動です…
戴きました(笑
外国人観光客もめちゃ多いなか、一息つきました。
振る舞い酒?なのか観光客の僕の目の前に何故か、ビールが。
有り難く戴いて一気に飲み干し、ぷはっ~って感じ。

生き返りました(笑
  1. 2010/08/01(日) 00:00:25|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宵山~山鉾巡行

今週は物凄い暑さですね…
梅雨明けから一気にキタっ!って感じで疲労困憊(汗

そうはいっても、稼がねばです。
ちなみに現場の中は40度超えは普通ですけど…

その梅雨明けのタイミングよろしく先週は京都へ行ってきました。
お目当ては祇園祭。
去年は山鉾建の最中に遭遇でした。

函谷鉾は四条通烏丸西入ル函谷鉾町の鉾で応仁の乱(一四六七~一四七七)以前に起源をもち、
くじ取らずの鉾として、鉾では長刀鉾に次いで第二番目に巡行し鉾櫓、屋根の規模は大きい方である。
鉾の名は中国戦国時代(前四〇三~二二一)斉の孟嘗君(もうしょうくん)が
函谷関で家来に鶏の鳴声をまねさせて
関門を開かせ難を逃れたと言う故事にちなんでつけられています。
「函谷鉾」(かんこぼこ)  菊水鉾
烏丸通りにあった「菊水鉾」
町内の金剛能楽堂にある菊水井(きくすいい)という井戸にちなんで名付けられたそうです。
謡曲「枕慈童」に取材し,魏の文帝の勅使が薬水を訪ねて山に入った時に出会った,
甘菊の葉に滴った露を飲んで七百年生き続けている少年,枕慈童(じどう)が稚児人形。
能装束の舞姿が象られている。
元治元(1864)年に消失したが,1952年に88年ぶりに再興され,以降,年々装飾品を充実させている。

鉾頭に天向きの金色の透かし彫の十六菊をつけ,唐破風造りの屋根に海老名峰彰作の鳳凰の懸魚を飾り,
軒下に翠簾(すいれん)を掲げているのが特徴。
飛鶴図の前懸,唐獅子図の胴懸,孔雀図の見送は皆川月華作。

そして今回は宵山の夕刻へ。
山鉾に吊られた駒形提灯に火が入り、コンチキチン♪の祇園囃子が流れ
宵山見物の人達で通りが凄いことになってました。
23時の灯りが消える頃でしたが人がうじゃうじゃ沸いて出てきます(笑
人だらけ… 孟宗山? 長刀鉾
そして夕食を食べ、食後の珈琲を楽しんだ後に宵山の夕刻へ行ってみました。
山鉾に吊られた駒形提灯に火が入り、コンチキチン♪の祇園囃子が流れ
宵山見物の人達で通りが凄いことになってます…
23時の灯りが消える頃でしたが人がうじゃうじゃ沸いて出てきます(笑

翌日は朝9時から長刀鉾を先頭に32基の山鉾が都大路を巡行します。
巡行の順位は7月2日に行われたくじ取り式にのっとり行われますが、先頭の長刀鉾は
「くじ取らず」といい、毎年先頭と決まっています。
巡行経路は、四条通→河原町通→御池通→新町御池。
その後、各鉾町に戻り、戻り次第すぐに解体されますが…
長刀鉾
昨日の夜なんて問題にならない程、人の群れ。
そこに暑さが加わり僕にクライマックスが訪れる…
地下に降りようにも歩こうにもどうにもなりません(笑

鉾の巡行を余所に早々と退去しました…
  1. 2010/07/23(金) 00:00:54|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紫陽花

6月の宇治といえば、自分の中では紫陽花が満開の三室戸寺。
それと半年の間、電車(京阪)で宇治駅まで毎日の通勤で
馴染み深く思い出の残る土地です。
久々の宇治なので、たま木亭でパン買ったり中村藤吉本店か伊藤久右衛門本店の
どちらに行くかで討論したり(笑

そして待望の三室戸寺へ。
新緑の中に朱色の門が映え、いつ見ても好きな門構えです。 
三室戸寺
階段を登り本堂でお参り済ませてから勝運ご利益がると言われる「宝勝牛」の
口の中にある玉を触りまくります(笑
観音様の像がついているので、それを触ると勝運がつくと言われています。
アジサイ  紫陽花2
そして階段を下り、斜面には綺麗に手入れされた紫陽花。
梅雨時の雨の中、美しく澄んだ色になり花色の変化が美しい花ですね。
紫陽花1  紫陽花3
しかし花言葉には「移り気」「心変わり」ですって(汗
これは、知らなかったなぁ…

ちなみに僕の生まれた日の花は蛍袋ですって。
(http://ffj.jp/hana/s0710.htm参照)
蛍袋
花言葉は、愛らしさ・誠実、忠実と、なかなか良いこと書いてます(笑
ですがワンポイントによると、
ほめ言葉やおだてに弱く身勝手で放蕩になりやすいので注意しましょう。
きっついなコレ…
でも、気をつけよっと(笑
  1. 2010/07/13(火) 00:00:45|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいでんすいか

ここ数日、暑くてバテ気味…
更新、怠ってます(汗

6月から今まで、不規則な生活(病んだ生活ちゃいます)が続きUPするのが合わんです。
今までは、2週間以上、書き溜めがあったので更新できたのよね(笑
残業、早出出勤とパターンが全く読めず、日曜も仕事が入ったりと予定も立たずちょいとヤキモキしています(笑
これからは少し、ペース落として更新して行こうかと思います。


久々のネタは、食べ歩きではなく送られてきたスイカ。
父親の田舎からスイカが届きました。
現場の事務所で早速、みんなで食べました。

共和町特産 らいでん西瓜
西瓜
北海道のすいかと言えば、でんすけ西瓜が有名ですが、
僕の中では「らいでんスイカ」が定番かな。
瑞々しいのは勿論、サクッとシャキッとした食感で平均糖度は11~12度で、さっぱりとした甘さが特徴かな。

西瓜の隣に何故か葱が植えられ、不思議に思い叔父さんに聞いたら
葱には殺菌効果があるそうで、農薬を最低限に抑える効果があるそうです。
『混植栽培』って言うそうですね。

そんなことより、次はメロンだジンギスカン、鹿…etc
なんでも良いから北海道産を頼むと同僚から催促されました(笑
  1. 2010/07/09(金) 00:00:52|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下鴨さんへ

5月某日

下鴨さんへ参拝してきました。
何年振りだろう…
快晴を絵にかいたような天気に恵まれたしもあり人出が半端じゃありません(笑
それでものんびりとした空気が流れるのは京都ならでは。
下鴨神社へ
正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)
世界遺産にも指定されるだけあり、きちんと整理されています。
丁度伺った時は葵祭りの準備中。
京都三大祭のひとつで、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭だと思います。
そして流鏑馬神事(やぶさめしんじ)の前日でした(汗
下調べして出掛けたら良かったかも…
気を取り直して楼門をくぐり抜けて、まずは楼門そばに相生神社へ。
縁結びの神さまが祀られていることで有名ですね。
女の子が群がっていました(笑
楼門回廊  舞殿
桜門回廊を通り抜けると目の前には重要文化財である「舞殿」
下鴨神社境内の中央に位置して、葵祭の時天皇の勅使が御祭文を奏上され東游が奉納される場所です。

そして3つの石のお話。
「さざれ石」
日本国歌に中で歌われる「さざれ石」とは、ちいさな石という意味だそうです。
さざれ石は年とともに大きく成長し、岩になると信じられている神霊の宿る石と言われ
国歌の原典は「古今和歌集」にも詠まれた生き石伝説「さざれ石」とのこと。
下鴨神社の「鴨の七不思議」の中には「泉川の浮き石」「御手洗の神石」の伝承が残り、
石に宿る神聖な力をを現しています。

「泉川の浮き石」
昔、紅葉橋のたもとに雨乞いを祈る「こがらし社」がありました。願いがかない雨が降ると泉川の石が飛び跳ねたと伝えられます。
「御手洗の神石」
日照りや戦乱の時、御手洗川の流れをかき回すと小石が跳ね、願いがかなうと言われています。
http://kyoto.gp1st.com/550/ent27.html(参照)

お参りした後は下鴨神社の本殿の見学と十二単衣の着付けと
見学と舞いが見れると言うことで、そちらへ移動。
拝観してきました P1010863.jpg P1010889.jpg
本殿は撮影禁止なので写真はありません。
窓越しですが見る価値ありますよ…

食べ歩きの記事の方が多くなった、ここ数年。
ちと考え直して神社、お寺巡りを復活しようかな。
でも、食べ歩くことには変わらないか(笑

  1. 2010/06/30(水) 00:00:31|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。