白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四間道

こう寒くなると出不精になっちゃいがちですが…
北国育ちなので寒さに強いと思われがちですが、実際は寒がり(笑

そんな秋めいた11月の日曜日。
行ってみたかった焼き菓子が気になって名駅まで行ってみました。
天気も良かったので地下鉄に乗らずに二年半ぶりに四間道まで散歩。
四間道  四間道
四間道の由来は、1700年(元禄13)の元禄の大火で1649軒の町屋と15の寺社が焼失してしまい、
尾張藩4代藩主の徳川吉通は、商家の焼失を避けるために堀川沿いにある、
商家の裏道幅を4間(約7m)に拡張したことから四間道(しけみち)といわれるようになったそうです。
名古屋の城下町と言ったところでしょうか。
土蔵造りの建物が並ぶ通り沿いでは絵描きさんが。
暫くの間、見とれてました。

以前、行った時は立派な欅と楠がある浅間神社(木花開耶媛命を祀った古社
(このはなのさくやひめのみこと)しか見ていなかったのよね。
絵描きさん
お目当てのお店に行く前に見慣れない屋根神さまなるものを発見。
屋根の上に小さな社を祀るのは名古屋独特のもので、幕末頃から祀られるようになったそうです。
ほとんどは三神が祀られて、津島神社、秋葉神社、熱田神宮が多く、
なかには伊勢神宮や国府宮を祀っているものもあるのだとか。
自分用(笑  子守地蔵尊
疾病流行の恐怖から身を守るために天王信仰が起こり津島神社のみが祀られた後に、
続いてこの地にあった大火から、火ぶせ(防)の神である秋葉神社が、
さらに明治時代に入り日清・日露戦争への出征兵士の無事を祈って熱田神宮を
祀るようになったようです。
便所の神様も流行ってるしね…(違

  1. 2010/12/19(日) 00:00:06|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Cinq Sens Le Petit Boule'(サンクセンス・ル・プティブーレ) 樟葉並木店 | ホーム | フランス焼菓子CHANDELIER >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1527-008a29db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。