白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽味

8月某日

友人が28丁目界隈に住んでるので遊びに行く機会が多く
駅から歩く度に、通る道に聞き覚えのあるお店を見て気にかけていました。

6~7年前、屯田通りに同名のお店に友人に連れて行って貰い、
2度目の訪問時は突然のお店の閉店を知って記憶も忘れかけた頃に…
ネット検索して情報を集めても、なかなか載ってませんでした。

いつも使うサイトを検索するとヒット。
電話予約をして翌日の開店と同時にお邪魔しました。
外観  看板2
楽味
アパートの2階に立地は微妙な感じで躊躇してしまいますが階段上がり引き戸を引くと
カウンター8席とこじんまりした店内。
高齢の大将、御一人で店を営んで高級感はありませんが肩肘這ることもなく
小綺麗に掃除も行き届いて落ち着く空間。
店内
なんでも病気を患って2年ほどお店を休んで居たらしく、現在の場所には4年ほど前に移られたようです。
挨拶を済ませ、まずは瓶ビールで喉を潤しました。
此方のお店は4000円お任せコース一本です。
先付け
まずは、香り高い香茸の大根おろしかけと蛸のボッチの黄身酢和え
驚いたのがこの香茸は北海道は夕張で獲られた天然物。
乾燥させたものは食べたことありましたが、盆前の収穫で北海道にあるのは知りませんでした(汗
甘めに炊いた香茸は薫り高く、大根おろしでさっぱりと。
美味でした!
蛸の頭に黄身酢がかけられ、見た目も涼しげ。
程良い茹で加減で黄身酢も馴染みお酒に酒肴に良かったです。
香茸  蛸の頭 黄身酢和え
椀物
胡麻豆腐・じゅんさい・ゆうがお・青梅の風味が効いた白玉・鯛の焼き物と具材がたっぷり。
薄味で優しい味わいが、ほっこりさせてくれます。
向付 
松笠鯛・活ホッケ・槍烏賊
普段でしたら、道産の魚は使わないようですがお盆時期ということもあり、
仕入れできなかったようですが、夏場のこの時期限定で、噴火湾沖の松笠鯛は目から鱗。
いかつい魚は黒褐色で見た目は硬い鱗をまとっていますが、適度な脂ノリで美味しい白身です。
鮮度落ちが早いホッケは2時間前に〆たとのこと。
軽く昆布〆されて親の田舎で食べるのと変わらず美味でした。
北海道らしく山ワサビで戴くスタイルでした。
鼻から抜ける辛味がいい感じ。
椀物 向付(松笠鯛・烏賊・活ほっけ・) 揚げ物
写真を撮り忘れましたが、炊き合わせ
やぶかんぞう、ゆりの花、へちま、ゆうがお、トマト。
木の芽の味噌を和えて戴きました。
山椒は定山渓で獲れた物だそうで、すぐそばにあるラ・サンテさんに分けたりしてるそうです(笑

揚げ物
次々と揚げたてお皿に出してくれます。
香茸・ほっけ・トマト、オクラなどなど、たっぷりの具材は抹茶塩で。
ホッケのちゃんちゃん焼き・香茸の煮凝り素麺・半熟玉子  煮凝り
もう一皿は、北海道らしい縞ほっけのチャンチャン焼き
味噌ダレにレモンの風味が合わさり脂っぽさを消したさっぱり目。
温泉卵に香茸の煮凝り素麺
お食事と水物という流れで、全九皿のたっぷり盛られたお皿の数々。
お食事  水物(葡萄)
盆明けということで市場が休みだったせいもあり、この日は
道産物主体のお料理で、食材がかなり被りましたが(笑)
お味の方は薄味ながら出汁の旨さが、身体にすーっと投入されました。
普段は本州の魚、野菜を使っています。

40年以上前に、京都の料亭で修業した大将で食材に詳しく質問すると丁寧に説明してくれますが、
料理を出すタイミングが相当早いので、気になる方は言った方が良いかもしれません。
食べ終えないうちにどんどん出されますし、量も多めですのでお腹を空かせ、伺いましょう(笑
お酒も種類は瓶ビール(サッポロクラシック)と日本酒の種類は1種類だったかも。

高級店のような繊細さはあれですが…
価格以上に京風の味を愉しめる、北海道では数少ないお店で、懐にも体にも優しい料理。
馴染みさんが持ち込んだものか解りませんが、京都の板前割烹や料理屋さんに行くと見かける
白地に赤字で名前の書いてある舞子うちわが飾られていたりと、ほぼ馴染みさんで成り立っているお店ですが
大将は、新規の客も欲しいと言ってました(笑

久々の訪問でしたが愉しい時間が過ごせ、末永く頑張って欲しいお店のひとつです。
  1. 2010/10/13(水) 00:00:42|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<酒めし いづ屋 | ホーム | cucina italiana magari(マガーリ) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1496-2e3204f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。