白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麺や蘭句

8月某日

札幌に戻ってから食べた1件目のラーメンが美味しくて急激にらーめん熱が上昇中(笑
予定していたイタリアン、フレンチ巡りを1件づつ減らして、お昼に琴似へ。

初訪問は5年以上前でしょうか…
久々、鯛出汁を使用したらーめんを食べに此方に訪問。
麺や蘭句
JR琴似駅からも遠く住宅街の中で立地的にはけして良い場所でありませんが4組ほどの待ち状態。

店内は8席のカウンターのみで、こじんまりとした至って何処の町でも見かける普通のラーメン店ですが
入店して目が行くのが暖簾や店内の壁に直書きされた書家である若山象風の作品。
欅(けやき)もそうですね。
P1170388.jpg
待ってる間、厨房を眺めてるとオペレーションは、以前と変わらずゆっくり(汗
裏を返すと、丁寧に調理され完璧な状態で提供しているのでここは我慢。
ですがアルバイト店員さんが席に着く前に注文を受けてくれるので、
座ってから10分掛からず待望の塩らーめんが目の前に。

ベースとなるスープは豚骨(豚足・背骨・ゲン骨)を10時間程煮込み、天然にがりを加えるそうです。
もう一つは煮干し・昆布・椎茸のスープにお店の看板でもある、
[b:鯛干し]を使った3つ合わせた独自のスープ。
塩ダレには沖縄の塩、帆立の貝柱を使う拘りの塩スープです。

あっさりと品あるコクと旨みは、奥深い味わいです。
食べ進めると旨さが浸み渡る一杯って感じかな。
塩らーめん  麺
具には、丼の淵から淵を横たわる大きなバラ肉を炙ったチャーシュー1枚、
スープにしっかりと馴染む岩海苔と切り置きしていない(たまたまかな?)白髪ねぎ、
メンマ・もやし・味玉。
乗せられた岩海苔を散らすとふわっと磯の香りが広がっていい感じです。

チャーシューは、とっても美味しいのですがスープとの相性を考えたら
脂っぽくない方が好みかな(汗
私的にはどこまでも、あっさり食べたいと思わすスープなので。

麺は札幌特有の多加水でプリっとしこしこの縮れ麺(小林製麺)は慣れ親しんでるせいか
何処か安心するものがあります。

以前は700円でしたが、800円に設定されていますが、
使用してる材料、具材など考えたら妥当かな。

接客も調理も丁寧で御主人のラーメン作りにも表れて昔と変わらず、旨い1杯でした~
  1. 2010/09/27(月) 00:00:52|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<らーめん佳 | ホーム | さっぽろ 大心>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1488-b1c92ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。