白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神幸祭

7月某日

祇園祭と言うと、注目は山鋒巡行で10日からの鉾町で釘も使わずに建ち上げ組み立てられる鉾建てから
17日午前9時に四条烏丸をスタートして約2時間かけて市中心部を巡行でしょうか。
先頭の長刀鉾(なぎなたぼこ)の稚児が行う「しめ縄切り」、烏帽子姿の奉行による「くじ改め」、
函谷鉾・鶏鉾・鯉山や各山鉾を飾る色鮮やかな織物、
からくり仕掛けの蟷螂山など、豪華絢爛に飾られ素晴らしく、
有名ですが山鉾巡行が終わる夕刻から始まる神輿の神事も見応えありますね~
人が溢れかえっています。。。
三基で1,500人以上もの神輿の担ぎ手が八坂神社の氏子たちの各町内を別々に練り歩き
四条寺町の御旅所まで行く神幸際。
祇園石段下に三基の神輿が集結し担ぎ手たちがお神輿を頭上高く差し上げる
「差し回し」などの技を披露する約30分の熱気と大迫力です。
また24日の花傘巡行の後に始まる還幸祭は、
神幸祭とは逆に四条寺町の御旅所から祇園八坂神社に帰って行かれる時も同様の熱気と大迫力だそうです…

なんて書いてますが祇園にあるCafeで教えて戴き、18時スタートに合わせて見学してきました(笑

中御座(三若神輿会)、東御座(四若神輿会)、西御座(錦神輿会)の三基のお神輿に乗られた御神霊を
八坂神社の氏子の各町内を巡幸し四条寺町の御旅所に行くそうです。
そこに七日七夜留まわれた後、再び八坂神社に戻り、御旅所に行かれる7月17日を神幸祭(しんこうさい)、
八坂神社に帰って行かれる7月24日を還幸祭(かんこうさい)といい、
祇園祭の見どころは本当に沢山ありますね。
もうすぐ始まるのかな?  白馬に乗って。。。
神輿の見どころはなんといっても神幸祭に行われる「三社揃い踏み」と聞きましたが、
あまりの人の多さで辿り着けませんでした(笑
出発前に八坂神社の西門前に集まった三つの神輿が「ほいっと!ほいっと!」という掛け声で
それぞれの神輿が高々と担ぎ上げられる「差し上げ」、
時計回りに回転させる「差し回し」は迫力あるそうです。
観たかったなぁ…

そんな僕は四条通りと花見小路の一力さんの向かいで立ち見です。
白馬に乗った神童の頭には金冠が光り輝き観る者を魅了しますね。
そしてゆっくりと御神輿が目の前にやってきます。
中御座  郵便局の前あたりかなぁ…
担ぎ手の熱気がこちらまで伝わる臨場感は、初めて見た僕も、わくわく。
そして中御座の神輿が目の前にやってきました。
迫力に見物人からも歓声があがります。
なにせこの人の熱気も凄く、見てるだけの僕は暑さにバテバテ(笑
涼みに白川へ移動です…
戴きました(笑
外国人観光客もめちゃ多いなか、一息つきました。
振る舞い酒?なのか観光客の僕の目の前に何故か、ビールが。
有り難く戴いて一気に飲み干し、ぷはっ~って感じ。

生き返りました(笑
  1. 2010/08/01(日) 00:00:25|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アキュイール | ホーム | ぱん工房 柚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1459-6efc5361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。