白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あつた蓬莱軒 本店(蓬莱陣屋

~2010 6月再訪~

札幌から友人が出張で名古屋入りしていたので名駅で待ち合わせ。
名古屋飯、それも櫃まぶしが食べたい!と指定され、
久々あつた蓬莱軒 本店(蓬莱陣屋)へ2年振りの訪問。
長蛇の列… 看板 外観1
日曜ということもあり開店前に伺うも長蛇の列(汗
案の定、1時間半後に入店となりその間は散歩がてら、熱田神宮まで。
時間的には観光も出来て、丁度良かったかも。

門をくぐり老舗の雰囲気を醸し出した母屋へ入り靴を脱いで仲居さんに導かれるまま
1階の店内へ案内されました。
友人曰く、札幌では鰻屋の選択儀は店舗数が限られてるので選ぶにも限りが。
で、こちらに伺う前に、新川の店で櫃まぶしを体験したそうで。。。

おっちゃん2人で注文したのは、うまき・肝焼き・肝わさのビールの肴から。
それと白焼きを追加です。
呑みながら、あーでもないこーでもなと仕事から家族の話など…
うまき 焼き肝 焼き肝 肝わさ
お味の方はうまきは甘めの出汁がたっぷりとふわりと。
肝焼きも、やや甘めのタレが香ばしく焼かれ、私的には肝わさの方が好みかなぁ。
ダイレクトに肝を食べてます!って感じがいいなぁ。
友人は、肝焼きに嵌ったようで、ビールと一緒に追加してました(笑
白焼き  UP
途中、白焼きが登場して山葵醤油で、あっさりと。
焼きも良く、外はパリっと皮と身の間から脂がとろり。
僕は一切れ、友人は残り全部という暴挙に(笑

ビールを飲み終えたところでタイミング良く、櫃まぶし(大)が目の前に。
呑みながらでしたのでシェアして戴きました。
ひつまぶし
食べ方はマニュアル通り一膳目はそのまま・二膳目は薬味を投入・
3膳目はお茶漬けといった感じで。
私的には薬味たっぷり入れて食べるのが好きです。
友人はパリパリの鰻に出汁の効いた茶漬けが相当、気に入ったようで、
翌日は松坂屋さんでも食べたようです(笑

関東風・関西風など、焼きと蒸しの工程の違いで好みも分かれ、
名古屋特有の櫃まぶしは、まかない飯と言われて賛否あることを聞きますが
好き嫌いは好みの問題ですしね(笑、

地域に根付いた食文化の一つに触れるのも良いと思います。
  1. 2010/07/14(水) 00:00:12|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みよしや | ホーム | 紫陽花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1450-45b2e0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。