白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ル・ジャルダン

5月某日

友人とランチを戴きに地下鉄四ツ橋駅で降り立ち、
携帯ナビ片手にテクテク歩くこと5分程。

見た感じCafeっぽい外装なが内装はカジュアル過ぎず高級感が強すぎることもなく
木目や漆喰調の壁が洒落た清潔感あって落ち着く空間です。
眩いテーブルクロスのオレンジが印象的でした。
外観  店内
ル・ジャルダン (フレンチ / 四ツ橋、西大橋、心斎橋)
予約名を告げ席に案内されメニューを眺めると、フルコース(4500円)、
メイン2種が選べる物(Bコース)までありましたが
今回はAコース2200円の前菜・スープ・メイン・デザート・ドリンクをオーダーです。
普段ならがっつり食べるのですが、連日の呑み食べが祟り…嘘です(笑
夜も予定があったので軽く様子見のはずでしたが…

前菜には、魚介のサラダ。
火入れの良い帆立の貝柱のポワレ・自家製サーモン・富山の蛍烏賊に野菜数種。
野菜は玉葱・トマト・オクラ・絹さや・パプリカ・筍・スナップエンドウの計7種と
ボリュームは少なめですが葉物だけの退屈なサラダより僕は好き。
ドレッシングは素材を壊すことなくシンプルな軽いもので(ヴィネグレットソース)魚介とも
相性良く楽しめました。
前菜(魚介サラダ) 人参のクリームスープ P1160422.jpg
お皿を見てすぐ、グラスで白をお願いしました。
ランチ時に多いのですが価格帯の低い設定の前菜には期待はしませんが、良い意味で肩透かしです。

スープは人参のクリームスープ
見た目、南瓜と見間違えるほどです(笑
滑らかな口当たりで人参の旨みよりはクリームのコクが楽しめるスープ。
中には黒豆が入っていましたが、味の変化は乏しいかな。
上にのせられたピンクペッパーが良い方向に効いてアクセントになっていますが
人参のスープという感じはしなかったなぁ。

メインの一つはフランス産 鴨肉胸ロティ―(黒胡椒と蜂蜜風味)
フランス産 鴨肉胸ロティ―(黒胡椒と蜂蜜風味)
見た目も素敵な皮パリ中はしっとりとジューシー。
照りのある皮は蜂蜜のコクと黒胡椒が効いて嬉しい食感と皮身の間から美味しい脂がジワリと浸み出ます。
鴨のジュと赤ワインのソースをたっぷりつけて頬張ると想像通りの味と程良い歯ごたえが楽しめました。
ガルニには人参・ヤングコーン・三度豆・ブロッコリー・ズッキーニと定番ですが
お肉が美味しいとこちらも素直に美味しく感じます。
お皿に合わせて赤も戴きました(笑

友人のお皿は愛媛産の伊呼高原豚のソテー
愛媛産 伊予高原豚ロティ―(マデラワインソース)
ややポーションが足りない感がありましたが、脂身がとても甘くコクが深く口どけが良いですね。
なんでもこちらの豚はヤシの実の搾りかすを飼料にしているとか。
ここ数年で色んな豚が改良され肥料を変えて御当地豚が出てきますね。
野菜は、先の皿と同じですが、ソースが素敵。
マディラワインを使ったソースは豚のジュと合わさりしっとりと甘味ありながらもしつこくないものでした。
ムースショコラ ショコラソルベ添え  焼き立てバナナタルト バニラアイス添え
デザートは珈琲と濃厚なショコラムース&ショコラのソルベ。
友人は焼きバナナのタルト&バニラ添え。
見た瞬間、「穴子?!」口走った友人の一声でソムリエさんも苦笑い(笑
確かに目えないことはないですね…

サーブも付かず離れずの距離感を保って、質問にも軽く応じてくれますし
何よりとても丁寧で一人で全卓こなす姿は優雅でした。
グラスでワインの提供も適切に選んで貰えるのもソムリエさん対応の利点ですね。

シンプルでオーソドックスなスタイルですが2200円の内容はお得感がありました。
メイン2種やフルコースでなくてもお店の片鱗を覗けたことになんだか嬉しくなり、
次回は夜に訪問したいと思いました。

  1. 2010/06/27(日) 00:00:51|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<下鴨さんへ | ホーム | 福太郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1443-54d2d096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。