白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新和食 きくい

5月某日

この日は、大阪滞在であちこちうろちょろ。
ランチの後は珈琲を飲みに出かけたり映画館に出向いたり。
夜の待ち合わせまで時間調整して、集合場所の京橋へ。
友人が京橋に転勤になり、この界隈で食事をしようと誘われやってきました。
ここに来ると、私的には何故か焼肉屋に行く感覚(汗

今回は人気ある割烹?高級居酒屋さん?新和食という看板が興味をそそる此方に訪問。
21時の予約時間に合わせて伺いました。
看板   外観
新和食 きくい (割烹・小料理 / 京橋、大阪城北詰、大阪ビジネスパーク)
細い急な階段をのぼりきると、一見怪しい外観…
恐る恐るドアノブを開けると、大将の威勢の良いいらっしゃいの声と奥さまの優しい笑顔。
L字カウンター7席で、こじんまりとした店内。
先客1組さんの隣に座り、まずはビールをお願いしました。
喉がカラカラだったのでほぼ一気に飲み干し、我ながら飲みっぷりが良い(笑
こんな日は、飲み過ぎてしまう傾向あって危険だなと自己自制をかけねば…
まずは生… 先付け 大吟醸豆腐
後からもう一組のお客さんが来られ、お料理がスタート。
先付けにともされたお品は、ほうれん草の白和え・熊本産生ハム・出汁巻き・小鉢にはしらすが。
もちろんお代りのビールを戴きながらです(笑

続いて、これ食べてと出された大吟醸豆腐。
大豆の旨みがギュッと詰まった奈良のお店で仕入れる数量限定のお豆腐だそうです。
こちらにはオアフ島の紅塩が添えられます。
そのままでも十分の甘さですが、一振りするとより一層甘さが増しますね。

このあたりでビールから冷酒を戴きました(笑
そうすると、どでかいオレンジ色の物体がどんと目の前に。
自家製塩ウニ 塩ウニ お造り
塩雲丹の塊でした。
酒肴にもってこいですね。
自家製塩雲丹のお味は、かなり塩っ気の効いたものですが
雲丹本来の磯の薫りがねっとりとゆっくり口に広がります。

昔、爺様が皮を剥いて丁寧に塵取りして「さらし」に雲丹を引き詰めて、よく作ってくれた物の一つです。
子供用には塩分控えめ(それでも辛いです)と大人用の2種を作ってくれたものです。
幼少の頃は、おにぎりの具にして食べたり母親がパスタと一緒に和えたりして食べてました(笑
そのままだと塩辛いのですが、歳を重ねこの手の肴が美味しく感じるようになりました。
現在は親戚の作る塩雲丹をお裾わけしてもらうのがお盆の楽しみなので、
まさか、大阪で戴けるとは嬉しいサプライズ。
これをチビチビやりながら飲むとお酒が進み過ぎて困ります(笑

お造りには長崎産のよこわときずし。
熟成度の高いよこわは、ねっとりと旨みが増して、
きずしは〆具合もよく厚みのある立派な鯖を使われていますね。
合馬の焼き筍 焼きキンキ  焼き物 鮑・椎茸・ズッキーニ
焼き物はまず先に、熊本は合馬産の筍。
以前、名古屋のワインバーで炭火焼で戴いた時、美味しかったので期待が膨らみます。
真ん中は勿論ホクホクで嬉しい歯触り。
そして皮目を、しがみながら、筍の香りを楽しみます。
これもお酒に合うんですよね…

続いて焼き魚は型の良い網走産の釣りキンキ。
頭からガブリと戴きました。
目の淵のとろみがプルンプルン。
友人は身の部位を悶絶しながら戴いています…
北海道でもたまにしか食べれませんが、これもまた大阪で食べるとは思いもよりませんでした(笑

お店名物である、王様のコロッケを予約の際、お願いしていましたが生憎この日は売り切れたらしく…
鮑・椎茸・ズッキーニの焼き物が登場。
身の厚い椎茸と鮑は間違いの無い美味しさ。
特に肝焼きは磯の香りが濃厚で生もいいですが、焼くのも美味しいと再認識。
馬刺し 岩魚(和歌山産) 煮しめ
そして今回の目玉、僕が一番食べたかった馬刺しの登場。
上ロース・たてがみ・タン元・特上バラ・生レバーの5種盛りです。
ロース・たてがみ・バラも余所で戴くものより上質でしたが、
希少価値高いタン元とレバーは絶品でした。
年に何度か熊本は八代の友人にお願いして食べる馬刺しも物凄く美味しいのですが、
鮮度の問題もあり、レバーは手に入らないとのこと。
以前、九州旅行した際に食べたレバーよりもバリっバリの歯応えで
特有の濃厚なコクは過去最高のものでした!
これを知ると、牛のレバーがいまいちに感じてしまうくらい衝撃ですよ(笑
大きなレバーを大胆にカットして一番良いとこだけ出す拘りは凄いなぁ…

昨日、和歌山の天然岩魚が手に入ったといい出してくれたり。
これがまたお酒にあうのなんの…
焼き目が強そうな感じでしたが身はふっくら、香りもよく旨かったなぁ…
そして、大将の母親が作った、煮しめ。
軽く柚子を振った、きゃらぶき・筍・人参・つるいも・わらびは甘すぎず辛すぎず、とても上品で優しいお味。
今朝しぼり  豊祝  酒器
この時点でお酒は四合目に突入。
店主はサービス精神が旺盛で冷酒を酒器に移す際も豪快。
「カウンターにも飲ませな罰当たる!」とかいい、溢れるばかりに注がれ、お猪口にまでも(笑
ちなみに、普段は晩酌もしませんし日本酒は三合が適量ですがついつい…(汗
炊き込みご飯 浅漬け 蛍烏賊の味噌汁??
汁物には蛍烏賊が入っていたような…
香り物とこの日の炊き込みは、筍ごはんでした。
デザートには和紙に包まれた立派なカステラが登場。
なのですが、酔いも回り絶好調の為、詳細など覚えてません(笑
カステラ  カステラ2
素材の拘り、知識の豊富さを呆気らかんとお話してくれる大将は、
美味しく戴けるよう毎日が精進と仰りとても温かい人柄で、支える奥さまの存在も大きいですね。
奥の調理場から顔をのぞかせ茶目っけ溢れる対応は和みます(笑

お会計は2人で23000円程度なので、料理は8000円程度かな?
自分にはかなりお得に感じました。
独自の仕入れルートがあるからこそこの価格で抑えられるのでしょうね。

現在はかなりの人気店になり、なかなか予約が取れませんが
旬の季節の食材ががメール配信されたりと嬉しいサービスもあり
定期的に通いたくなる楽しみなお店です。

この日も、出来上がった状態で天満方面に繰り出したのでありました…(汗
  1. 2010/06/22(火) 00:00:06|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐世保バーガーカフェ 楠葉店 | ホーム | 彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1438-53fee67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。