白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Le Pignon

5月訪問

京都の木屋町で早い時間から飲んでたら携帯が鳴り、大阪に行くことに。
ほろ酔いのまま、京阪に乗り移動して天満橋へ…
2日前にもこの辺りに来たのにとか思わないようにして友人の後ろを尾行です(笑
この日は面子も変わり、また違った雰囲気。
友人の予約でこちらへ訪問です。
店内
Le Pignon (フレンチ / 大阪天満宮、南森町、北浜)
カウンター4席、テーブル3卓とこじんまりした店内は白を基調としたシックなデザイン。
黒板メニュー見ると、がっつり系の予感(笑
笑顔の素敵なマダムに迎えられテーブル席を2つ合わせ6名で利用です。

シャルドネの白をボトルでお願いして、アミューズメニューが4種あったので全部オーダー。
キッシュが淡路島から送って貰うという野菜が美味しく、玉葱のキッシュはお勧めですね。
写真写すの忘れてしまった…
オイリーになりがちなラタトゥイユはさっぱりして野菜の味が濃く、好みでした。
田舎風パテ ピクルス添え ラタトゥイユ 白金豚のリエット
田舎風のパテはポーションもしっかりあり、嫌な臭みもないのですが至って普通。
酸味の効いたピクルスだったので私的にはもう少しスパイス効いても良いかな。
白金豚のリエットはやや強めの塩加減で滑らかな舌触り。
コクもしっかり残ってワインのおつまみに良かったです。

最初の1本をすぐ開けたのでマダムに相談して料理に合わせた白・赤2本追加です。
ビオワインが豊富な印象でした。

魚介グラタンはホワイトソースベースでアサリと海老・帆立のエキスが程良くソースに馴染んで
ベルモットの風味が効いて意外とあっさりと戴けました。
魚介グラタン  黒メバルのブレゼ クリームソース
ホワイトソース系がダブったけど、この日の鮮魚が食べたかったので黒メバルのプレゼもオーダー。
プレゼされた黒メバルはふんわりと火が入り、素材の旨みが芽キャベツ・青梗菜に浸みこんでこの日、
一番、印象に残った一品。
塩のさじ加減も絶妙で美味しかったです。

お肉系は3種も注文(笑

和牛頬肉の赤ワイン煮込みには淡路のキャベツのプレゼ添え。
しっかりと煮込まれ味が凝縮された頬肉には飽きてしまうことが多く苦手ですが、
添えらてたヤングコーン、淡路のプレゼの塩加減が良く、頬肉とバランス良く美味しく戴けました。
和牛頬肉の赤ワイン煮込み 仔羊背肉のロースト シャロン産鴨(腿肉)のコンフィ
シャロン産鴨(腿肉)のコンフィにはポテトとレンズ豆が添えられ、
パリパリの皮目から肉汁がしっとり溢れ出てきます。
仔羊背肉のローストは火入れはやや強めでしたがこの時点で、酔いも回り上機嫌…
細かい詳細など気にする余地なくワイワイガヤガヤと楽しい宴(笑

女性陣2人は知らぬうちにデザートをオーダーです。
おっさんチームはフロマージュを注文。
ピスタチオのクレームビュルレ チョコレート―ムースと蜂蜜アイス フランス産チーズ(4種)盛り合わせ
僕はどれもお腹一杯で、食べれませんでした(笑
しかしチーズとお酒だけは入るのよね…

お会計を済ませ、マダム・シェフに見送られ2軒目に雪崩れ込みました…

お昼のランチもお手頃ですし、
夜は量目たっぷりで大勢で楽しめるビストロの醍醐味があるお店でした~
  1. 2010/06/10(木) 00:00:46|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラーメン 力丸 | ホーム | 上海食苑 本店 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1426-abfb11f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。