白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麺処まるは

西岡方面に行った帰り道、前から行ってみたかった
評判のラーメン店に行ってみました。
開店一番乗りです。
外観  木箱
麺処まるは (ラーメン / 澄川、自衛隊前、福住)
4つのテーブル席にカウンター4席ほどのこじんまりしたお店。
発券機で迷いながら、中華そば。まぜそばを購入。
テーブル席に座ると目に入ったのが東京で人気の製麺所、浅草開化楼の麺の木箱。
ラーメン本が多数あって店主のラーメン好きが良く解りますね。
一見強面ながら、どんなラーメンが出てくるのが楽しみです。

中華そば(醤油)
先に嫁のオーダーした中華そばが運ばれてきました。
熱々のスープは鶏ガラ・豚骨・魚介を合わせたトリプルスープ。
一口啜ると鰹のパンチが強くほんのり海老の香りも感じます。
中華そば(醤油) スープ 甘いしなちく
麺は中細縮れで食感は柔らか目で、チュルチュルと啜って
スープに程良く絡みます。
さがみ製麺が使われているのかな?
トッピングの太いメンマが甘めでザクッっと嬉しい食感。
チャーシュー、味たまも味が染み込んで手をかけたもので和風中華そば的なバランスは良い感じ。

そしてボリューミーなまぜそば。
トッピングが綺麗に盛られ、もやし・キャベツ・葱・揚げニンニク、
チャーシュー2種、鰹節、黄身卵が上部にトッピング。
別皿にはマヨネーズが添えられます。
まぜそば
まずは、なにも入れずに一気に混ぜ合わせます。
ここで初めて浅草開化楼の麺を見てニンマリ。
中太縮れで、見た目からもっちりで美味しそう。
混ぜて気が付くのが、角切りチャーシューはとろり系で天かすのようなものは、背脂。
かなりのこってりに見えます。
 麺 ぷりとろチャーシュー
丼の底に溜まったコッテリした醤油タレを絡ませ、まずは一口啜ると言うか口に放り込むと
むっちりと食べ応え有る麺にタレ、背脂・鰹節が麺に絡み、ジャンク的な味わいながら癖になります。
しっかりと葱、ニンニクチップなどのトッピングの味が解るのも嬉しいですね。
黄身も円やかに味を整える役割でしょうか、いい感じ。
途中、マヨネーズを半分加えると一層、コクが増すので、ここでラー油を入れてみたり。
ちょいと味が変わりくどいと思うと茹でただけのキャベツが口直しに。
酢を多めに投入して最後は完食です。
ポイントはしっかり、麺を混ぜ合わせることですね。

つけ麺より油そばやまぜそばが好きだと改めて認識しました(笑
  1. 2010/06/02(水) 00:00:39|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鮨菜 和喜智 | ホーム | 味処 まつ田>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1418-86f27241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。