白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラ・トルテュ

久々、近代美術館に行き慣れない観賞を(汗
朝1番、静寂した中で覗くと何か違った印象を受ける物ですね…
見終えた後は、駐車場そばにあるCafeでのんびり過ごして、予約したお店へ。
以前はLe Colinot(ル・コリノ)が入っていたいたビル…
開店4年目に入り、評判が良いと聞いてました。
嫁さんのお気に入りのお店です。
なかなか一緒に行く機会がないのですが今回は、懇願して訪問です(笑
外観  外観 (2)
ラ・トルテュ (フレンチ / 西18丁目、西15丁目、西11丁目)
階段を上がり店内に入ると2人掛け、4人掛けと計6卓ある店内。
カジュアルっぽさも残しながらも上品で落ち行いた空間です。
一戸ソムリエさんに挨拶を済ませ、席に案内されました。

ランチは1コースのみですが、数種の前菜・主菜・デザートから一皿づつ選ぶプリフィックス方式です。
主菜2皿を選ぶこともできたりと食べ手に選択伎があるのって嬉しいです。
ただ、メニューに記載は無いアヴァン・アミューズが2種、
前菜、主菜2皿(魚・肉)、デザート、プチフールを含むと計6皿と多いので小食の方は気をつけましょう(笑

しっかり食べたかった僕は鮮魚も入った4300円と嫁さんは3300円のコースをオーダー。
白  アミューズ サーモンのシュー包み・鴨の手羽先
まずはメニュー外の一皿としてアヴァン・アミューズが。
グラスで2種の白を戴きながら、イクラの載ったサーモンムースのシュー包みと
串に刺さった一口サイズをパクリ。
濃厚な香りは鴨肉の手羽先をミンチにしたものでした。
お昼から、お酒が進みそうで怖いです(笑
パテ・ド・カンパーニュ  海老と槍烏賊のパイ包みレムラードソース
続いて前菜が運ばれてきます。
十勝産エゾ豚と木の実を使ったテリーヌにはコールラビのマリネが添えられています。
肉の質感は柔らかく木の実の香りとレバーの味わいも良くランチにしてはポーションは十分ありますが
女性でもペロリと戴ける軽めの味わいです。
サクッとしたパイ包みの中にはプリっとした海老とコリコリの槍烏賊。
3つの食感を楽しめ、ソースが美味しい~
マヨネーズをベースのレムラードソースはニンニクとアンチョビの香りがアクセントになっています。
鯖のスモークオレンジソース パン カリフラワーの温スープ
カリフラワーのスープ・パンと戴きながら次の皿が。
この日の鮮魚は鯖のスモーク。
下には人参がマリネされたものが引かれてました。
しっかり目に火入れされた鯖から薫るスモークの良い香りに
爽やかな柑橘系のソースはオレンジ。
さっぱりと戴けますね。

平日でしたが食べ終えた頃には八割方、札幌マダムで席は埋まりました。
サーブを一人でこなす一戸ソムリエさんは的確で物腰柔らか。
僕以外は女性客でした。
ハンガリー産鴨胸肉ロースト グリンマスタードソース  鴨UP  
グラスが空いたのを見てメインに合わせて赤も2種戴きました。

メインはハンガリー産の鴨胸肉のロースト。
グリーンマスタードのソースで。
皮目と肉から零れ落ちる脂から旨みがたっぷりと溢れてきました。
素材を味わうのには良いのですが若干ソースは優しい感じ。
この辺は好みですね。
赤 蝦夷鹿腿肉ロースト ネズの実ソース 火入れ素敵です

僕の戴いたお皿は蝦夷鹿の腿肉のロースト。
去年に続き今年もジビエは蝦夷鹿でした。
やはりここは北海道ですね(笑
大好きな食材はシンプルに焼き上げてあり火入れも素敵です。
脂の旨みはありませんが、肉の旨みを味わえる赤身はしっかりとした味わい。
野生肉の旨みに合わせた、ねずの実ソースとも相性抜群。
150g程のお肉ですが食べ応えありました~
酢橘グラニテ 柿のマリネ 白ゴマのジュレかけアールグレイソルベ添え 林檎のタルト カルヴァドスのアイス添えの
酢橘のグラニテで口の中をリセットした後はデザート。

柿好きの嫁が選んだデザートは、マリネされた柿の上に白胡麻のジュレが乗せられその上に
アールグレイのソルベ。
不思議な組み合わせだけど、物凄く美味しかったようです
一口貰えば良かったなぁ…(笑

焼き立ての林檎のタルトにカルヴァドスのアイス。
温かみが残り、しっとり感あるタルトに風味豊かなアイスは美味しかったです。
拘りあるエスプレッソ  小菓子
食べ終え満足してる所に、食後の飲み物を聞かれ2種あるエスプレッソが選べるという嬉しいサプライズ。
迷っていたら、飲み比べて下さいと嬉しいお答え!
重めのケニア、軽やかなエチオピアと2杯も戴きました~
食後のドリンクも拘っているのは嬉しいですね。

プチフールの焼き菓子もたっぷりで残った分はお持ち帰りしました。
2時間半とゆっくり長居したのも心地よいサービスのおかげかな。
女子受けする優しい味わいが多いフレンチな印象を受けましたが
メインの蝦夷鹿で満足行くランチが堪能できました~
  1. 2010/05/04(火) 00:00:56|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カエルヤ珈琲店 | ホーム | 洋菓子工房べんべや 本店 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1389-ac7ae161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。