白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

味処酒房なかむら

雪がちらつく2009年の年末。
久々のススキノに繰り出しあちこちお店を覗いた後に、待ち合わせ場所へ。
ススキノ
2009年のお盆に一人で訪問した時は通常営業より店終いが1時間ほど早く
店の前で、女将さんとお話だけをして名残惜しくて…
再チャレンジです。
外観  店内 北海道 方言
味処酒房なかむら (魚介料理・海鮮料理 / 資生館小学校前、すすきの(市電)、すすきの(市営))
待ち合わせ時間にお店に到着。
店内に入るとお客さんは半分以上、埋まっています。
カウンターで一人、若鳥を食べてる客やカップルさんに
会社の飲み会って感じの客さん。

3名で予約したので小上がりに座り、まずはビールを注文。
お通しは甘辛く煮込んだ牛蒡。
女将さんから運ばれてきたキンキンのビールを受け取ると
お盆に行ったことを覚えてくれたようで、「こないだのお詫び」と言ってサービスだから飲んで下さいって!
なんとまぁ、嬉しいお言葉。
有り難く、飲みほしました(笑
お通し 鰊漬け ポテサラ
待ってる間、鰊漬けとポテサラを注文。
辛味の効いた歯応えある大根を齧り付いて塩っ気の効いた鰊は
田舎で食べる物と遜色ありませんでした。
ポテサラは自家製マヨで和えたシンプルな物。
甘め、ぼでっとした口当たりですが下に引かれたキャベツ・レタスと一緒に食べると良い感じ。

札幌に移転してから初めての訪問でしたが、小樽にあった当時を知る人間としては
漬け物にしても名物のポテサラにしても懐かしい味わいです。
そして待ち人が集まり、飲むペースがグーンと上がる訳で(笑
帆立バター  若鳥
取り置きして貰った若鳥を揚げて貰い、追加で帆立バターもお願いしました。
何処にもある帆立のバター焼きですが北海道ならではというか、鮮度の違いもあり
厚くふっくらして甘みの強い貝柱です。

小樽でも名物であった若鳥揚げですが塩味の効いた「なると」と対極で、「なかむら」さんは胡麻油の風味が効いた醤油味。
漬け込みの按配がいいのか、揚げ方がいいのか、何をどう説明して良いか解らないけど、旨いのです(笑
食べやすいように胸・ももにカットされてるのは嬉しいですね。
皮パリ中ジューシーは当たり前の話ですが、鶏の脂と下味の醤油の味付けが絶妙です。
温かい状態で一口食べ、冷めた後に食べても旨い。
なかなかお目にかかること出来ない旨い半身揚げですよ。

店の雰囲気は当時と変わりましたが札幌に移転して安くて旨い、
そして温かいお店が受け入れられたのは必然的だと思います。

カツ丼、喰いたいなぁ…
  1. 2010/04/30(金) 00:00:13|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<麺 eiji | ホーム | TOKUMITSU COFFEE CAFE & BEANS >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1385-15b8b22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。