白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大神

3月の連休は京都で桜を見ようと以前から計画を立て、
楽しみにしていましたが…

どうしても抜けられない仕事が入り連休返上でお仕事を言われたのが連休3日前…(汗
土曜日の夜、月曜日の昼と楽しみにしていた京都の某二軒は
キャンセルは勿体ないので友人に頼んで行って貰うことに。
その矢先、金曜の晩に上司から「日曜だけ休んでいいよ~」なんて気軽な声を掛けられ…
悔しいような、嬉しいような複雑な心境…
白川沿いのしだれ桜
まずは気になっていた白川沿いのしだれ桜は四分咲きでしたが
見事に花を咲かせていました。
昼食の予約時間まで時間があったので久々、祇園を散歩。
スケッチしてるおじさまを眺めたり…
着物を着たモデルさんを見とれたり(笑

そして、運良く日曜のお昼に予約できたこちらのお店に伺いました。
外観  口濯ぎ 桃水

大神 (割烹・小料理 / 祇園四条、三条京阪、三条)

指定された時間内に店内に入ると大将と若い衆二人から
気持ちの良い挨拶で迎え入れられ、十席あるカウンターは満席。
コートを預け席に着くと、白木の見事なカウンター席。
まずは食前酒として香りのよい桃水から。
そして大将から壱の膳とお酒が振る舞われました。
一の膳(お屠蘇・鰻ともち米の雲丹載せ・蕗の薹の磨りおろしと白魚・蓮根の素揚げ・ユリ根蒸しと鰈の西京漬け)・ ユリ根蒸しと鰈の西京漬け鰈 鰻ともち米蒸しの雲丹載せ菜の花添え
蛤の器には山椒が効いた、鰻と餅米蒸しの雲丹載せには菜の花が添えられ、
モチっととろりと面白い食感。
蕗の薹の磨り卸しの上には蓮根・白魚の素揚げが。
ほろ苦さがやんわりですが出汁はしっかりと効いてます。
椀の中ににはユリ根蒸しと鰈の西京焼き。
こちらはユリ根の甘さが感じ取れる優しい味わいです。
最初の膳から食感、味わい、器も楽しめました。
二の膳 鯛のお造り 海苔。山芋短冊  かいわれのサーモン蒸し
途中、ビールから冷酒に変えて二の膳へ。
コンポートされたオレンジの上に載せられた蒸されたサーモン蒸しには、
水菜が巻かれ、かいわれ・大根おろしに山葵が添えられ、
ふっくらと身の柔らかいサーモンにしゃきっとした水菜にカイワレ大根に
山葵が甘い割り下の醤油に馴染んで美味しく戴けました。
お造りの鯛の下には短冊切りした山芋・海苔と本山葵で戴きました。
椀 鰆と蓬豆腐  椀
続いて、焼かれた鰆と胡麻豆腐の椀物でした。
ふたを開けた瞬間に薫る木の芽。
一口啜ると、お出汁はしっかり目ですが角のないお味。
焼かれた鰆もホクホクで水菜・椎茸・人参とどの食感も良かったです。
食べ終え底を眺めると綺麗な絵柄にうっとり。

食事の後は散策の予定だったので、冷酒は控えようと思っていたところに、
まだまだ料理が出るのでお酒をどうぞうと、大将の勧めで新潟のお酒を戴くことに(汗
三の膳(飛魚寿司・鮭焼き・アスパラ黄身酢和えのキャビア仕立て)) アスパラの黄身酢あえ(鮟鱇の卵添え) 稲庭うどん
三の膳にはぷちっとした食感が嬉しい飛魚の子と焼かれた飛魚のお寿司と、
もろこと鮭の西京焼き。
松葉には甘辛く炊かれた人参。

アスパラの黄身酢和えにまぶされた、黒く輝くキャビアらしきものは
鮟鱇の卵を塩です。
店主が早口で聞き取れないので若い衆に確認したらキャビア!ですと元気な声。
慌てて店主がちゃうちゃうと店中に笑い声が(笑

そして小さな椀に盛られた稲庭うどん。
大将から辛味の強い出汁ですのでと一言。
たしかに、一味も効いて辛く塩辛いです。
冷酒  四の膳 蛤・銀鱈の卵とじ
食べ終えそろそろご飯かな?って思ったら、
大きく素敵な絵柄の貝のお皿に盛られたお料理は、蛤と銀鱈の卵とじ。
ふわっと、とろっと蛤の旨みがしっかり効いています。
これでご飯だと思ったら、次の膳が!
凄いなぁ…
五の膳(若竹の茶碗蒸し・烏賊のヌタ和え・甘鯛揚げの白和え) 若竹の茶碗蒸し 甘鯛の白和え
小鉢に入った烏賊のぬた和えはピリッとカラシが効いた物でした。
甘鯛の唐揚げの白和えはサックリ揚がった物ではなくしっとりした感じで、
やや甘口の白和えと一緒に。
茶碗蒸しの下には新筍が隠れていました。
5品程、木の芽が添えられた料理が続いたのは旬の3月だったからでしょうか。
多いかなとも思いましたが、何せこの品数に圧倒され、驚かされっぱなしでした~
釜飯(蛸)・香物・お味噌汁  水物(ブルーベリーシャーベット・苺ゼリー)
鯛、穴子、蛸、竹の子、ユリ根など5種類の具材を選ばせてくれる釜飯は蛸を選択。
やや醤油の角の立ったご飯でしたが、炊きたてを戴けるのは嬉しいですね。
そしてお味噌汁の底にはカラシが入って混ぜて戴きましたが美味しいですね。

小さな茶碗に2杯戴き、お腹がはちきれそう(笑

水物はブルーベリーのシャーベットと苺のゼリー。
シャーベットは口当たりさっぱりと〆に良かったです。

熱い物は熱く冷たい物は冷たく、優しい味わいと力強い味わい、
しっかりとした食感とふわりと滑らかな食感と愉しませる工夫がどのお皿からも感じられました。
料理の見た目も、素敵な器も目で楽しめるもので祇園で戴くのはお値打ちでした。

5000円の価格でこの満足度は高いですね。
  1. 2010/04/16(金) 00:00:00|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高台寺 前田珈琲 | ホーム | スターバックスコーヒー KUZUHAMALL店 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1371-34a28fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。