白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和菓子処 ほうせん 茶寮 宝泉

2009 11月連休は紅葉日和。
あちこち散策して、お昼ご飯の後にまったりしようと
評判のわらび餅を戴きにこちらへ。
和菓子処 ほうせん 茶寮 宝泉  宝泉 お庭  

和菓子処 ほうせん 茶寮 宝泉 (和菓子 / 茶山、松ヶ崎)

松ヶ崎駅から1キロほどをのんびり歩きながらお店へ到着。
塀で囲まれた大きなお屋敷は立派ですね~
暖簾をくぐると3組待ちで、その間は入口右手にあるお庭を眺め、
販売スペースの和菓子を覗いたり。

15分ほど待って順番が回り靴を脱いで奥にある座敷へ。
凛とした空気を求めていましたが、満席状態で少々ざわついた感じは仕方ないかな。
お昼の後、こちらのわらび餅を求めて来る人は多いですしね。

新幹線京都駅構内に同店がありこちらでお茶をしたりお土産に、
しぼり豆を購入したことあるけど、肝心なわらび餅は食べて無いので
わらび餅のセット2つに、お抹茶と生菓子のセット、
他に2種の生菓子と玉露をお願いしました。
しぼり豆 (2) しぼり豆
待ってる間、しぼり豆と京番茶を堪能。
お土産で買った物より、此方で食べた方が雰囲気が良いのと
温かい京番茶と一緒に戴けるので断然、美味しく感じますね。
わらび餅 丹波路 (2) 並木路
そして待望のわらび餅と御対面です
黒く艶やかで西日の当たり具合で輝いています。

本わらび粉で丁寧に拵えたわらび餅を、何もつけずに一口戴くと
ツルっとした滑らかな口当たり・プルっとした弾力、
無駄な甘さがない、上品なわらび餅を堪能。
普段食べ慣れた物とは一線を越えていました。
添えられた黒密を垂らしても、くどい訳でもないので、この辺は好みかな。
抹茶  高雄
玉露 (2)  玉露
六種あった生菓子から高雄(こし餡)、丹波路(栗餡)、並木路(つぶ餡)の
三つは見た目も美しく上品な甘さでお抹茶・玉露の味を引き立てます。
わらび餅だけに目が奪われがちですが、さすが京都の生菓子ですね。

早い時間や平日の空いた時にこの趣ある数寄屋造りの中で戴けると、
贅沢な時間を過ごすことができそうです。
若干、高めなわらび餅も納得できると思います。

ただ一つ苦言を(汗

初食感のわらび餅に、感動していたのも束の間、食べてる途中に、
頼んだ生菓子、抹茶や玉露が一遍に出て来るアクシデント…
小さなテーブルには載せきれませんよ…
これは正直、がっかりしました。
結局、盆に載せ畳の上に置く羽目に。

訳解らぬ居酒屋で頼んだ物が一遍に並んだことが思い出しました(汗
友人の機嫌を直すべく笑って済ませたけど、これは残念。

混みあっている時は、頼み過ぎにご注意を…
  1. 2010/02/15(月) 00:00:25|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<京夕け 善哉 (2009 11) | ホーム | SONGBIRD COFFEE >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1317-2458ce77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2010/02/15(月) 19:49:08 |

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。