白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千光寺山ロープウェイ

思った以上に楽しめたランチを後にして次は、また散歩(笑
せっかく尾道に来たのだからと、張り切っちゃいます。
尾道と言えば、坂・文学・映画の街として全国的に有名ではあるけど、
知ってっると言えば映画ぐらいかなぁ…(汗
「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」など尾道を舞台にしたことで町を有名に。
そして坂が本当に多いです。
北側の山と南側の海に挟まれているせいもあり、平地が少なく山肌に住宅や寺が密集していますね。
小樽の街並みとまた違う、印象です。
道路も狭隘で傾斜するものが多く「坂の街」と言われる由来でしょうか。

まず向かったのは、千光寺山ロープウェイです。
千光寺山ロープウェイ 長蛇の列
並ぶこと40分ほどでしたが、この日は30度以上もあり、暑かったなぁ…
しかし、待った甲斐ありました~
勾配のキツイ山を上がっていくと、眺めが最高!
千光寺山ロープウェイ眺めからの!
中央を川のように横切るのが尾道水道(水道といっても川ではありません(笑)。
そして奥に見えるのが「向島」(むかいしま)。
左端に小さく見えるのが「尾道大橋」です。

あまりの暑さに、ソフトクリームののぼりを見つけて買っちゃいました~
食べながら、しばし尾道の風景をぼーっと見て、ほんわかしていました。
瀬戸内みかんソフト
降りは歩きで、のんびりお寺など眺め下山。
まずは千光寺へ。
千光寺本堂 満杯(汗
とにかく人だかりで凄いのなんのって。
写真を撮るのに苦労したの初めて(笑
あっさり諦め、遠くからだけ本堂を撮影しました。
俗に赤堂と呼ばれる千光寺本堂には「本尊千手観音菩薩」があって
33年に一度開帳の秘仏本堂から眺められるそうです。
そして、目の前に立つ巨大な岩には伝説が。
http://www.geocities.jp/celeste4851/onomichi/tamanoura/tama1.htm
↑興味のある方は、こちらへどうぞ。
そして石段を下ると、
石段
そして急な石段を下りていくと文学に疎い僕でも聞いたことある名が…
金田一京助 徳富蘇峰
    「金田一京助」             「徳富蘇峰」
放浪記 石碑 石碑2 家
     「放浪記 石碑」           「中村健吉 終焉の家」
天寧寺(1367年建立) 三重塔
「天寧寺(1367年建立) 三重塔」
天寧寺三重塔は海雲塔とも呼ばれ、高さ25メートル、柱の上端部を少し丸める粽(きまき)と
いわれる禅宗様を取り入れ、足利時代をしのぶ貴重な建築物として国の重要文化財に指定されています。
もともと五重塔でしたが江戸時代に傷みの激しい四・五層を撤去し三重塔に改築したそうです。
  1. 2010/01/30(土) 00:00:55|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朱華園 | ホーム | ビストロ旬亭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu71.blog23.fc2.com/tb.php/1300-f285449f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。