白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

備忘録 うどんや 太門

2014 4月  うどんや太門

消費税率8%もなんのその。
相変わらずオープンと同時に連日満席で賑わってます。

P1270955.jpg
エビスで喉を潤し4種のプレートを肴に
今回は、三河地鶏の天ぷら+牛蒡天。
P1270964.jpg
ふかふかの柔らかい牛蒡は味も濃く
土の薫りが漂います。

P1270962.jpg
「どて」には饂飩が隠れていたりと
どんなに忙しくても茶目っ気も。

満席で忙しそうなので利き酒は、
普通のもっきりサイズで注文です(笑
P1270974.jpg
この日選んだお酒は、米の旨みたっぷり系。

「菊鷹 清酒」・「悦 凱陣 無ろ過純米」と
「ソガペール・エ・フェス2013」の3種。

P1270976.jpg
「揚げ炙り」を頂きながらのんびりと。

P1270983.jpg
途中、醸し人九平次をこよなく愛する
お客様から今、ランデブーや話題の新政はNO6など一献を受け素敵な時間。

P1270980.jpg
〆のうどんは、小鉢で「かけ」と
某氏が持ち込まれたBORDIERのお裾分けで釜揚げBORDIERを。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/24(木) 00:44:19|
  2. 名古屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 炭火ほるもんひとすじ別邸

2014 4月  炭火ほるもんひとすじ別邸
匂いに誘われ入店

P1270903.jpg
キンキンに冷えた白。

○特選黒毛和牛タン
foodpic4762644.jpg
上質な根元を厚切りで提供。
P1270911.jpg
隠し包丁が一切無い為か、ゴリゴリの歯応えは
旨みは感じますがこの肉質なら、薄切りで私はいいな。

○和牛ホルモン
P1270912.jpg
たっぷりの脂をゆっくり炭火で落としてしっかり目に焼き上げ。
分厚く、噛み締めるたびに旨みが溢れます。

P1270918.jpg
この店では隠し包丁はいれず、
このスタイルの提供スタンスかもね。

○特製豚ハラミ壺漬け
P1270921.jpg
タレに程よく使った豚のハラミは一本丸ごと。
焼き上げてからハサミでカット。
美味しく頂けました。
  1. 2014/04/23(水) 00:18:39|
  2. 名古屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 中善

2014 3月  中善


○先付 穴子・あおさ海苔の銀餡
1 蒸し穴子 銀餡

○向附 明石産 真鯛
2_2014041223305285d.jpg

○椀  蛤の潮仕立て
4_20140412233056eed.jpg

○向附 しび赤身・赤貝・鰆炙り
foodpic4765782.jpg

○八寸 
foodpic4765774.jpg

○焼物 本もろこ・鱒 西京漬
7_201404122335359d7.jpg

○凌  のれそれ
6_201404122335348c4.jpg

○酢物 蛍烏賊 酢味噌和え
8_201404122335377f7.jpg

○小鍋 ぐじ鍋 
9_201404122335391ea.jpg

鼈鍋
DSCN1490.jpg

10_20140412233540f61.jpg

○食事 浅蜊・筍の炊き込み
DSCN1500.jpg

○水物
DSCN1502.jpg

今月で諭吉一枚のコースは値上がり。
オープンから5年の間、税サービス料込みの
据え置き価格で営まれたことを考えると立派です!
  1. 2014/04/22(火) 00:25:13|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 hikari-yurari

2014 4月  hikari-yurari
P1270829.jpg
元田中の店舗よりは伺い易くなり訪問。
移転されてからはアラカルト中心となり私的には
使い勝手がよくなり好印象。
DSCN1384.jpg DSCN1392.jpg

お一人で調理され、忙しそうなので
ボトルでワインをお願いしてオリーブとピクルスを肴に
メニューを拝見しながらあれこれ注文。
DSCN1374.jpg

玉葱のスープ
DSCN1381.jpg

自家製長期熟成生ハム
DSCN1386.jpg
2年熟成され、芳醇な薫りと旨みが詰まった逸品でしたよ。

ブッラータチーズとトマトサラダ 
 自家製バジルペースト添え
DSCN1389.jpg
モッツァレラを使ったカプレーゼも好きですが、
それを超えるブッラータチーズ。
生ハムに合わせても、美味しかったです。

シラス・青海苔・春キャベツのフェデリーニ
DSCN1395.jpg

スペイン産RALポークの肩ロース
DSCN1399.jpg

鶏モモ・砂肝の煮込みペンネ
DSCN1403.jpg
ワインが余ったので追加です。

ブラットオレンジのジェラート
DSCN1406.jpg

お料理はどれもポーションンたっぷり。
シェアしても十分な量目で、やや一塩強いですが
ワインが進む味付けと思えば問題なし。


ワインも定価+2000円の設定だそうで
お手頃で愉しめました。
  1. 2014/04/19(土) 00:04:31|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 ユキフラン佐藤

2014 4月  ユキフラン佐藤

若きご主人一人で営む日本料理店。
その為、完全予約制での営業です。
3

瓶ビールを頂いた後は素敵な酒器を眺めお話したところ
ご主人の趣味でもあり、お酒は松の司と日置桜を扱ってる模様。
1
骨董の皿・酒器、共にセンス良く
お料理が映えますね。
2

白魚を使った先付けから始まり、創意工夫されたお料理が
丁寧に拵え目の前に運ばれます。(諭吉一枚のお任せです)
4
繊細な白魚に薫り高い海苔が印象に残りました。

春キャベツのクリーム煮
6
そう言われ、一口頂くと濃厚なコクと旨み。
河豚の白子の摺り流しにキャベツの中にも白子入り。
肌寒い昼でしたので温まりました。

本諸子の付け焼き
5
丁寧に付け焼きされた本諸子
こちらは琵琶湖産の天然物です。

現在では移殖にて、現在では諏訪湖(長野県)・山中湖(山梨県)・
奥多摩湖(東京都),厚東川(山口県)などで繁殖してるようです。

赤貝 炙り
7


9
向附 鮑・赤貝、初鰹
10

11


愛魚女 若竹煮
12

13
大きな片口器から自分で盛り付けです。
ええ出汁が出て飲み干しました。

春野菜の酢の物
8
筍・ホワイトアスパラ・ウルイ・茎茗荷に甘草など。
河豚の煮凝りに出汁と酢橘で仕上げ綺麗な味。
春らしい一皿でした。


焼き物は牛と鴨がありましたが、
ぐじとのどぐろを選択です。
15

14
炭で丁寧に焼かれてます。

食事はル・クレーゼで炊いた白飯・赤出汁・香り物

水物代わりの〆は梅のコンポートをクラッシュアイスで。
DSC_0116.jpg


因みに昼から始まり個性豊かな若いご主人の拘りを感じながら
約4時間半弱の食事です。
(ビール1+酒三合、二名で諭吉三枚超の支払い)

この半値のお任せの方が充実感あるかもしれませんね。

全て調理、サービスもご主人一人で、それも作りたてを
提供されるので時間に余裕を持ってお出かけ下さい。
  1. 2014/04/17(木) 00:11:25|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 へんこつ

2014 4月  へんこつ

此処も何年ぶりの訪問になるのでしょうか。。。
DSCN1353.jpg

京都タワーのすぐ小路にある此方。

カウンターから見える大きな鍋には
テール、すじが煮込まれてます。

いろいろ店ルールがあるようですが…
サルベージニ(底)+こんにゃくからスタート。
DSCN1355.jpg

途中、テールを齧り付きながら箸休めの漬物を。
底を追加して滞在時間は30分ほど。
DSCN1357.jpg
さくっと飲んで食べる煮込みのお店。

ちょい呑みでしたが、
ビール1・ウーロン茶1・酒1 
底2・テール1・おでん種2で合計5000円程は安くない(笑
  1. 2014/04/14(月) 00:49:09|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 La Camartina

2014 4月  La Camartina(ラ・カマルティーナ)

DSCN1327.jpg
ランチ訪問です。

2種あったのでメイン付きを選択。
DSCN1330.jpg
前菜6種のワンプレート
お昼はグラスワインではなく、コップワイン。
たっぷり注いでくれました(笑

DSCN1333.jpg

○軟骨入り自家製サルシッチャ・小松菜、トマトソース
DSCN1336.jpg

○釜揚げシラスと春キャベツ・アンチョビのスパゲッティ
DSCN1337.jpg

○茶美豚フィレのクレピネット包み
DSCN1340.jpg

DSCN1341.jpg

DSCN1343.jpg

此方のイタリアンも女子率が高い印象です。
お味は至って普通でしたが価格帯に見合った内容ですが、
ランチなのでパスタ含め、メインも選択儀が少ないのは致し方ないかな。

夜はまた違った印象なのでしょうね。
  1. 2014/04/13(日) 00:00:23|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 桜

2014 4月 白川沿い

P1270851.jpg
生憎の雨ですが、これもまた情緒あっていいですね。

P1270858.jpg

花より団子ということで昼から祇園で食事です。



  1. 2014/04/10(木) 00:03:24|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録 米家

2014 4月  米家

まずはハートランドを頂き、
旬の白海老揚げ、小皿で鰆の昆布〆を。
P1270924.jpg

さくっと軽い食感から薫る潮と口に広がる旨み。
後味よく、ビールに合います。
P1270929.jpg


4月からは店主のお任せメニューが登場。

先付け・造り・焼き物・炊き合わせ・小鍋の
五品目の皿の全てに五勺で酒を合わせた、
お値打ちなコース(4500円)
P1270931.jpg
酒 旭菊 彩花 にごり
P1270933.jpg
肴 粒貝・かまぼこ・分葱の酢味噌和え

酒の酸と酢味噌が綺麗に合わさり一品目のスタートに相応しいものでした。
呑み口が良く五勺追加。


酒 鷹勇 辛口純米
P1270935.jpg

肴 造り 桜鯛昆布〆 初鰹
P1270936.jpg
この日頂いた初鰹が一番判りやすく且つ
酒との相性が素敵なものでした。

鯛には酢醤油のジュレでさっぱりと。
鰹は花山葵を挟んでいただきました。

酒 綿屋 特純 美山錦50℃
P1270940.jpg

肴 桜鯛木の芽焼き 白子の味噌漬け焼
P1270942.jpg
一口頂いた瞬間喧嘩し合う白子と酒。
ですがそこから、ゆっくりと互いを引き立て調和して
馴染む面白い合わせ方でした。

酒 磐城壽 純米55℃
P1270947.jpg

肴 炊き合わせ 飯蛸・筍・柚子麩
P1270945.jpg
安定感ある澄んだお出汁に筍と柚子が薫り
酒の温度差で色々な表情ある味わいに。

酒 菊石 夢ゆたか55℃ 
P1270949.jpg

肴 小鍋 鰆・蛤のしゃぶ煮
P1270951.jpg
具沢山に目が行きますが、お出汁が逸品。
蛤から出る濃厚な磯の薫りが酒を呼びます。

しっぽり呑むのにいい塩梅でした。

追加で旭菊 大地をゆるりと。


店主の推し進める意図を感じとれるコースで
愉しかったです。
  1. 2014/04/01(火) 00:58:09|
  2. 名古屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。