白黒日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

らーめん佳

8月某日

今回の帰郷で特に気になっていたお店へ車で移動。
お昼をずらしたせいか、駐車場も空いて難無く入店です。
らーめん佳
外観  メニュー
カウンター7席、奥の席に座りメニューを眺めると
らーめん(650円)・あじ玉らーめ(750円)ライス(100円)のみ。
自身の表れと受け取れますね。
らーめんを注文して待ってる間、厨房を眺めると若い店主は真剣な眼差しで1杯ずつ丁寧に拵えてます。
10分掛からず、目の前にらーめんが登場。

見るからに濃厚なのが解りますがスープを一口戴くと、これまた驚くほど濃厚。
奈良で食べた「豚にぼ」よりインパクトあり驚き。
その驚きはけして濃厚だからで済む訳もなく。
豚骨・鶏ガラをベースに煮干し・昆布・鰹を合わせたスープは無化調。
コラーゲン質たっぷりで濃厚ですが、くどさは無く塩の按配もいい感じでマイルドな味わい。
2種のベースのバランスが非常に良いですね。
魚粉が乗せられていますが、無くても良いけど、唐突した魚の風味は出ないので僕には有り難い。
らーめん  
具にはメンマ、万能葱・、粗く微塵切りされた玉葱・魚粉。
炙られたチャーシューは脂身はとろりと肉質はやや硬目で肉!って感じで旨いですね。
微塵切りされた玉葱も甘く、スープに馴染んでいい感じ。

麺は拘りの自家製麺で、白っぽい細めのストレート。
北海道産の「はるゆたか」「春よ来い」の他にコシの強さを出すのにアメリカ産の小麦を使用とのこと。
これがイイ按配にスープに絡み、もっちり感も楽しめつつ、歯切れのよい優等生。
この辺は好みですが、太麺や平打ち麺より、僕は相性いいと思いました。
自家製麺
とろりと濃厚なスープなので好みは分かれますが、僕は好きだなこのスープ。
何気に平岸の人気店と味は似てますが、特徴ある麺がインパクト大です。
食べ終えると口にまとわりつく感じも癖になる(笑
そして650円の内容のラーメンでは味わえないクオリティーですね。
味噌だけじゃないね、札幌…

また帰郷したら寄りたい一軒です。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 00:00:33|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺や蘭句

8月某日

札幌に戻ってから食べた1件目のラーメンが美味しくて急激にらーめん熱が上昇中(笑
予定していたイタリアン、フレンチ巡りを1件づつ減らして、お昼に琴似へ。

初訪問は5年以上前でしょうか…
久々、鯛出汁を使用したらーめんを食べに此方に訪問。
麺や蘭句
JR琴似駅からも遠く住宅街の中で立地的にはけして良い場所でありませんが4組ほどの待ち状態。

店内は8席のカウンターのみで、こじんまりとした至って何処の町でも見かける普通のラーメン店ですが
入店して目が行くのが暖簾や店内の壁に直書きされた書家である若山象風の作品。
欅(けやき)もそうですね。
P1170388.jpg
待ってる間、厨房を眺めてるとオペレーションは、以前と変わらずゆっくり(汗
裏を返すと、丁寧に調理され完璧な状態で提供しているのでここは我慢。
ですがアルバイト店員さんが席に着く前に注文を受けてくれるので、
座ってから10分掛からず待望の塩らーめんが目の前に。

ベースとなるスープは豚骨(豚足・背骨・ゲン骨)を10時間程煮込み、天然にがりを加えるそうです。
もう一つは煮干し・昆布・椎茸のスープにお店の看板でもある、
[b:鯛干し]を使った3つ合わせた独自のスープ。
塩ダレには沖縄の塩、帆立の貝柱を使う拘りの塩スープです。

あっさりと品あるコクと旨みは、奥深い味わいです。
食べ進めると旨さが浸み渡る一杯って感じかな。
塩らーめん  麺
具には、丼の淵から淵を横たわる大きなバラ肉を炙ったチャーシュー1枚、
スープにしっかりと馴染む岩海苔と切り置きしていない(たまたまかな?)白髪ねぎ、
メンマ・もやし・味玉。
乗せられた岩海苔を散らすとふわっと磯の香りが広がっていい感じです。

チャーシューは、とっても美味しいのですがスープとの相性を考えたら
脂っぽくない方が好みかな(汗
私的にはどこまでも、あっさり食べたいと思わすスープなので。

麺は札幌特有の多加水でプリっとしこしこの縮れ麺(小林製麺)は慣れ親しんでるせいか
何処か安心するものがあります。

以前は700円でしたが、800円に設定されていますが、
使用してる材料、具材など考えたら妥当かな。

接客も調理も丁寧で御主人のラーメン作りにも表れて昔と変わらず、旨い1杯でした~
  1. 2010/09/27(月) 00:00:52|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっぽろ 大心

帰郷毎に行く大谷地のラーメン店に行くと、この日はお休み…
たまには違う味噌でも食べましょうと、近場にある此方に移動です。
さっぽろ 大心
外観
以前は栄通20丁目あたりで営業してましたが、いつのまにやら移転。
駐車場も狭く店内もこじんまりしていましたが、現在はカウンター6席の後ろに広い小上がり3卓6人掛けと
家族連れも使いやすい印象。
札幌ラーメン共和国や催事などで全国にある程度、名前が知られてるようですね…

明るい雰囲気でバイトの女性もハキハキと感じが宜しく教育されていますね。
厨房では親父さんが指揮を取って礼儀正しい若い衆が拵えてくれました。
味噌らーめん ゴマは自分で磨りましょ!
具は味の浸みこんだ腿肉チャーシュー、キクラゲ、たっぷりメンマ、少量のもやし・玉葱・白菜、乾いた葱…
見た感じがちょいと残念でしたが、まずはスープを一口。
明るい色した味噌スープは油膜に覆われ熱々で粘度はサラリと。
ニンニクの風味と塩加減が強めでオーソドックスな札幌味噌。
あっさりコクありと言いたいところですが旨みを感じ取れませんが、くどさはなし
麺
麺は典型的な札幌特有の多加水、黄色い縮れたシコシコ麺。
スープを適度に絡ませ、さがみ屋製麺を使用していました。
10年以上ぶりの訪問ですが、印象が変わったかな…

1985年創業の此方は今年25年目を迎え、これからも地元に全国に名を馳せて欲しいですね。
  1. 2010/09/25(土) 00:00:00|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国民食堂

我が家から車で10分掛からずに辿り着く場所にありながら
なかなか行く機会が作れなく、ようやく訪問です。
国民食堂
外観
今から5年ほど前に北5条通りからほど近く28丁目界隈に当時、同じ店名のお店があり
比内地鶏と鰹出汁がベースのあっさりスープが美味しかったお店に行きましたが
突然の閉店で記憶も飛んでいました…

店内はカウンターのみ7席と、非常にシンプルな作り。
そして、なんとなく見たことある御主人と奥様。
帰って来てから調べてみると、ビンゴ!
新川に移られ、再スタートしたんですね。

メニューを眺め暑かったこともあり、つけ麺の文字に釘付け。
注文すると、この日は麺が売り切れてしまい違う麺になりますが良いですか?って丁寧に対応してくれます。
迷いましたが承諾して10分掛からず目の前に運ばれてきました。
P1170085.jpg
麺は涼しげな細麺です。
低加水の加藤製麺さんの麺が普段使われているということで、この日は札幌製麺でしょうか?
シンプルですが綺麗な盛り付けで、糸唐辛子も乗せられ見た目から嬉しくなります。
そして涼しげな印象を受けたのは、昆布出汁に浸ってるからですね。
最初見た瞬間、水切り悪いんちゃう?思いましたが言わなくて良かった…(汗
つけ麺  つけだれ
つけダレの器からは鶏の良い香りが漂い、まずは上から麺を手繰って器に泳がせズルズルと一気に。
つけ麺用だから濃い口なのですが驚くほどクリアーな味わい。
喉越しも良く昆布出しに泳いでる下の方を手繰って戴くと程良い塩っ気に昆布の旨みが合わさっていい感じです。
あっさりですが旨みはしっかり残って、嬉しいつけダレですね。
店内に書かれた「鶏ガラ+昆布+少しの野菜で丁寧に取ったあっさりスープ」に偽りありませんね。
昆布出汁に泳いでる下の方を手繰って戴くと、これがまた自分好みに塩っ気が抜けて良い感じ。

つけダレの中に入ってるチャーシューも、細く歯切れのよいメンマもしっかり一体化してました。
小口切りされたネギも大きさを変えられ細かいところまで丁寧な仕事っぷり。
御主人は職人さん的印象ですが、奥さまが店の看板的存在で癒し系。
温かいサービスで真心こもってます。

濃厚なスープが持て囃されていますが、あっさりながら自然な旨みを味わえるこの手のお店は大事にしたいなぁ…
私的には琴似の蘭句さんよりインパクトがあり、嵌まりました。
また冬にお邪魔したいと思います。
  1. 2010/09/23(木) 00:00:42|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S&S畜産

お蕎麦を食べに西野方面まで車を出すことに。
お目当てのお店に到着して店内に入ろうとすると、じょっぴんしたまんま(鍵が掛かってます)
まだ営業10分前、そう焦ること無いと車に戻り携帯を眺めてると、
娘が、「まさか休みじゃないよね~」そんな一言が気になり調べるとビンゴ!

一気にモチベーション下がり家族から物凄い溜息を久々聞きました(汗
この雰囲気を打開するべく、そばにある此方へ移動です。
S&S畜産
外観1
お店の前に着くと、みんな目が点。
黄色い壁に赤い屋根の目立つ建物を見て何ここ?って感じで子供が興味深々。
看板が無ければ、何屋か想像つきません(笑

昭和43年創業と聞きましたが以前はどちらで営業していたかは不明。
現在の場所は小樽の有名店は「なると」の卸し先だった「大功フーズ」の後らしいです。

コックコートを着た店主に5羽注文で、熱々が食べたいことを伝えるると
もう5分で揚がると聞いて待ちました。
油の入った大きなシンクから熱々の半身揚げを袋に入れてもらって御勘定。
型も中ぶり、一羽500円はお買い得かな。

車内に持ち込み、自宅へ戻り食べることに。
20分程の道程なんですが、袋から溢れる匂いに食欲が沸いてきます(笑
一人1羽500円ランチが家で始まりました(笑
昼間から、僕はビールで戴きます。
半身揚げ
伊達の契約農場から直接仕入れているという若鶏のお味の方は、
鶏の味がしっかりわかる、程良い塩加減です。
皮はパリッと胸肉はサッパリと肉厚で腿の部位は、しっとり柔らかく肉汁がいい感じ。
もう少し、塩が欲しい気もしますが、レモンを絞ってさっぱり食べるのもお勧めです。

以前、店に行った時は半身揚げの他に合鴨ロース・骨付きフランクなんかもあったけど今はどうなのかな?
近くに来たら寄ってしまうお店です。
  1. 2010/09/21(火) 00:00:20|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D×M(ディーバイエム)

一人ランチをした後に、
気になっていた森彦さんのお店へ行ってみました。
D×M(ディーバイエム)
外観 看板 
見た感じ、Cafeというより工場ですね。
引き戸から店内に入ると無骨な外観と相応して木造造りの昔ながらの町工場。
柱・梁、屋根・床など木の質感に工場っぽい演出。
ブリキ板で仕切られた壁、金網フェンスに工場用で使う感じのランプはチェーンブロックで吊るして、
階段からの吹き抜けまでも見事に一体化した洒落た店内。
店内1
この手の空間で働く僕は違和感は感じません(笑
初めて見る方は斬新な印象を受けるか戸惑うか、どちらかかも。

入口の目の前には大きな焙煎機が鎮座して目を見張りますね。
現在は全ての豆をこちらの店舗で焙煎してるようです。
1Fでオーダーを済ませ客席は禁煙・分煙と分かれ、2F席の吹き抜け側に座りました。
屋根裏を上手に見せて広い空間でのんびり落ち着ける感じでした。
アイスコーヒー
本来なら、こちらのみで提供してるプレス式のコーヒーをお願いすればよかったのですが
この日は暑かったこともあり、アイスコーヒーをオーダーしました。
酸味の無いボディのしっかりした水出しです。

どのお客さんも自分のスタイルでくうろいで、
クールな工場の面影を残したインテリアですが居心地も良く落ち着けました。

お会計時に、知ってる店員さんが居たので少しお喋り。
工場らしく、パンやドーナツもこちらで製造してかなりの設備投資してるもよう。
古民家の1号店、スタイリッシュな2号店と全く異なる町工場の3号店。
流石、札幌を誇るパイオニアが仕掛けたCafeですね。
お土産(うじ・タタール・アマンダ・ジャポネ)  P1170238.jpg
6個セットを勧められましたが、パン生地ドーナツ4種類を購入しました。
そばの実をクランチに仕立てた韃靼そば粉で作ったヘルシータイプのタタール。
宇治抹茶と豆乳入りの生地の中に黒豆が入ったUJI(宇治)
豆乳入りの生地には薩摩芋入りっていて、きな粉風味のジャポネ。
甘さが際立つノーマルタイプのドーナツ。
ノーマル以外は、素朴な味わいで韃靼そばを使ったタタールが気に入りましたが、
一つ220円と値段は微妙でした。

サッポロファクトリーのある北3条通面から、1歩裏通りにある隠れCafe。
何かと使い勝手が良い感じで一人でもカップルさん、男同士でも違和感ありませんでした。
もちろん、おっさんの僕でも大丈夫でした(笑

毎度、言う我儘ですが他の店舗(本州)で戴けるお店が発注してる、
森彦オリジナルブレンドも試せたら嬉しいなっていつも思います
  1. 2010/09/19(日) 00:00:20|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

gallery & cafe くらのす (kuraノsu)

8月某日

帰郷毎に楽しみにして訪問するお店が固定化されてきて
新しいお店を紹介することが少ない私ですが、夏の愉しみの一つに此方のCafeに訪問することです。
gallery & cafe くらのす (kuraノsu)
オープン当初、某雑誌に1度載ったきりでTVなどの取材は一歳お断りしているので知る方は少なく穴場です。
ここ数年、ブログにもUPされてる方も多いので、紹介したいと思います。
1 5.jpg 4
年に1度の訪問ですが景色が素晴らしく、オープン当初から訪問してるので今回で3回目。
手入れされたお庭を眺め進むと巣箱アーティスト?でもあるご主人の作品が飾られています。
札幌で美容室・飲食店を経営されていたご夫婦が別荘として利用していた建物を
10年以上の手間暇をかけた拘りが随所で見受けられます。
IMG_2980.jpg  IMG_2948.jpg
普段、僕はCafeに行く目的は美味しい珈琲・ドリンクに重点を置いてますが
此方では手作り感溢れるギャラリーと眺めが素敵で訪問しています。
快晴の日は最高で、降り注ぐ太陽を浴びながらテラス席から眺める碧い海を眺めると
ここは地中海!って感じで妄想に想い更けます。
でも日本海なんですよね…(笑
そのくらい最高のロケーションでお気に入りの場所です。
3 2 6
オーナー夫婦の人柄も素敵でおおらかなマダムと、お話上手な御主人が場所を
提供してくれることに感謝しています。
飲み物が付いて1,000円という料金設定です。
7  外観1
随所に拘りがみられ解放感あるテラス、部屋の中のキッチンにソファーは目を見張りますね。
アンテーィクな廃材(階段)を利用して重厚な椅子まで手作りです。
御子息が描いた額縁までしっかりアートしてあり、巣箱は購入可能です。
波うった床まで趣あってとっても素敵なので、御自身の目で愉しんでください!
この日は朝10時にお邪魔して家(ギャラリー)の中でお喋りして2時間半、たっぷり愉しんできました。
宣伝してるお店でありませんし、1日2~3組しか受け入れないので行く際は
必ず予約をしてからお出掛け下さい。 
IMG_2977.jpg  8
快晴の日も良いですが雨の日はガラス張りのテラスでまったりも、趣あって良いですよ。
ちなみに珈琲はケーオーサプライさんの炭火自家焙煎(珈琲工房柏丘)を使用しています。
  1. 2010/09/17(金) 00:00:09|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋月 アウトレット店

コンビニや、スーパーなどに行くとスィーツや和菓子が売ってますが
お得なお店があると親から聞いて、行ってみました。
母親のナビで車を走らせること15分程で到着。

見た感じは、販売店には見えません(汗
どうやら製造工場と隣接してるようで、入り口も小さく知らないと入店は難しいかも…
外観 看板 営業日
秋月 アウトレット店
こちらの会社はコンビニやホテル、スーパーなどに卸してるようです。
店内はこじんまりしたスペースですが30種程度、陳列されています。

アウトレットの文字を見てなるほど~と、お得感あるのが一目了然。
ほんの少し型崩れした商品(ハネ品)なんですが家で食べるなら全く問題無しという訳で、
子供は好きなレアチーズ計を、親は和菓子を数点、購入しました。
4つ入りの饅頭が100円だったりバームクーヘンの切れ端や型崩れがかなりお得です。
店内1 店内 店内2
実際、食べたベイクドチーズ、レアチーズは容器はあれですが問題ありませんし
味の方は特筆することはないけど子供のおやつ代りには十分かな。
価格が魅力なお店でした。
お買い上げ バーム P1170179.jpg
聞くところによると2年ほど前から直売され、人気あるようで早い時間に伺うと品数も豊富ということです。
パティスリー アン・シャルロットが目の前にありますが、
この秋月さんのアウトレットは知らなかったなぁ(笑
  1. 2010/09/15(水) 00:00:40|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤珈琲

初対面の方と待ち合わせ場所に、お気に入りの此方を指定して半年振りの訪問です。

店内を包み込む照明が温かく優しくふわりと落ち着いた雰囲気を醸し出してます。
大きなテーブルの上の花も、半年前とは変えられセンスの良さも健在。
佐藤珈琲
店内  店内2
ブレンド(こぶし)を注文して緊張の中、静かに一人で味わう珈琲はなんだか不思議な感覚(笑
それでも一口珈琲を啜るとすーっと胃の中に求めていた味が浸み渡り、
口に中は深いコクが余韻を残しつつ、ゆっくりと消えては、また一口を。
食事の前に飲むコーヒーは軽めが好ましいなんて聞くけど、自分には関係ないかな…
こぶし
待ってる間、2人ほどのお客さんがスィーツと珈琲を楽しんで家路に。
こういう使い方、めちゃしたい…
近所に住んでいたら間違いなく通いつめてしまう一軒ですが
今は半年に1度、ランチ後かディナー前の利用です(笑
目の前のマンションに住んでる友人が羨ましい…

冷たいドリンクは大きなグラスで提供されるのを見て、
来年の夏はアイス系を頼んでみたくなりました。
  1. 2010/09/13(月) 00:00:00|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤月

初めてソフトクリームを食べたのっていつか記憶はないのだけれど、
思い出深いお店へ暑くて2度も訪問です。
当時(30年前)僕の住んでた近所には当時、商店は一つしかありませんでした(札幌市内ですよ(笑)
勿論、コンビニなんてありません。

その頃、ソフトクリームと言えば商店の大きな冷凍庫に入ったカップをねじって取り出すソフトクリーム。
そして親に連れられ立ち寄ったのをきっかけに滑らかで甘くて柔らかいソフトクリームを知って子供ながら感動(笑
それから自転車に乗って買いにいったり、大人になった今でも寄りたくなるお店です。

1979年創業の和菓子店ですが、先代が考案したソフトクリームが人気となり昔から御近所さんに愛されています。
現在は2代目が店を継いでいますがソフトクリームの味のチェックは先代が欠かさずしてるとか。

藤月

外観  店内
子供達と、親を乗せてお店に行くと先客さんは老夫婦と僕と同世代の親子の2組。
暑かったこともあり、こちらのソフトで涼む方が多いようです。
メニューはバニラ、コーヒー、ミックス(混ぜ合わせ)、ハーフ(上下2段重ね)の4種で
コーンは昔ながらのタイプ(200円)とワッフルタイプの2種(250円、ココアタイプもあります)
若干、値上がりしましたが安いと思います
各自、好きなソフトクリームを注文して受け取ります。
メニューには在りませんが大盛りなんて裏技もあるんですよ~(笑
コーン・ワッフルのバニラ  ハーフ
底まで、タップリと空洞なく巻かれたソフトクリームお味は、
今風の北海道で売られる牛乳の風味を生かした、さっぱり・あっさり目とは違い、
まったりした甘さとコクが嬉しいソフトクリームです。
相当前に隠し味に水飴を使ってると聞いた記憶が…
違ったらごめんなさい。
ハーフのコーヒー味の方は子供も大丈夫なカフェオレって感じで、バニラよりミルクの風味が強く感じます。

よく新琴似1番通りを車で走るので、子供達も両親におねだりしたりと四季を関係なく食べてるようです(笑
冬でも札幌の家の中は南国ですし(笑

外観は当時のままで昭和レトロで味も当時のまま。
30年変わらずの味わいで客層も幅広く地元に愛されるお店です。
  1. 2010/09/09(木) 00:00:40|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺屋 高橋

帰郷して一発目の外食はラーメンでした(笑
嫁の実家にお泊りして、親の田舎に行き、海に行ったり、
墓参りしたりとお正月より何かと忙しいお盆。
少しだけ時間に余裕が出来たので、こちらにお邪魔です。
外観
麺屋 高橋
昼時間をずらした14時過ぎに、店頭に車を止め入店。
左手にテーブル席1卓、カウンター6席とこじんまりした店内。
可愛らしい店員さんにカウンター奥の席を勧められ、そちらに座ることに。
ですが、食券を買うの忘れもう一度席を離れる失態(汗

何食べるか下調べせず行ったので、暑かったこともありつけ麺の冷麺で、煮卵をトッピング。
しばらく座っていると、何気に可愛らしいバイトの子とやたらと目が合い頬笑みビーム…
おっさんをワクワクさせるなんて罪だよこの子(笑
洗い物を終え、バイトが終了したのか、にこやかにお店を後に…
勝手な妄想を楽しんだ後、目の前に熱々のつけダレの器と太く粒々が浮き出た麺が登場です。
つけ麺
まずはカネジン食品さんの麺をそのままツルリと。
今流行りの全粒粉を使用した太めの麺ですが風味をそれほど強い訳でなく
僕の知ってる限りインパクトの強かった京都の麺や高倉二条とは異なり違和感はなし。
あれはあれで美味しい麺ですけど。
粘度あるつけ汁を絡ませ食べると、水で〆た麺はツルっと喉越しよくもっちり感もいい感じですが、
私的には、あつもりで食べた方が好みだったかな?
麺 煮卵  煮卵
つけ汁は濃度の高いこってりタイプながら、後味がしつこくないですね。
動物系の独特の甘さに魚介(煮干し・鰹節)の風味のバランスもよく
ありがちなザラつき感もなくて自分好みでした。
普段なら苦手なタイプのつけ汁なんですが、こちらのお店は好みでした~
比率の問題で好みが変わるのだけど、十分に美味しさが伝わりました。
中のチャーシュー、とろりと美味しい煮卵、厚みは程良く幅広のメンマも良い感じですね。

奥の席に座ったおかげで、御主人が丁寧に寸胴の中のスープを仕込み、
メンマを均一に包丁を入れた作業がとても丁寧な印象を受けました。

麺は最近、変わったらしく以前を知らないですが私的には太い麺は飽きてしまいがちで、
もう少し細く、全粒粉の風味を少し強くても良いかなぁなんて、素人の戯言を(笑

カレーパウダーを最後に一振って戴きましたが面白いアイデアでした。
試行錯誤を繰り返し、進化していくお店のようでこの先が楽しみ。
お魚醤油も試してみたいですね。
札幌に帰ると、どうしても味噌やノーマルなラーメンに走りがちな自分ですが、
ここ数年で旨いつけ麺店が増えて嬉しいです。
  1. 2010/09/07(火) 00:01:48|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆天狗セントレア店

同僚を迎えに、車でセントレアへ(汗
去年もその前の年もそうだったような…

なにしろ電車が苦手だそうで、いくら説明しても迎えに来てくれ!の一点張り。
夜飯を御馳走するの一言で行きましたが、結局は空港内のラーメンへ(汗
嫌いじゃないからいいのだけど、辛いのが苦手な僕を差し置いて味仙へ行こうとするので引きとめました…
結局、すぐそばにある此方へ。
外観 豆天狗
豆天狗 セントレア店
中華そばの食券を購入して横一列、対面式の席へ。
5分掛からずに注文の品が登場。

その間、目の前で食べていたお父さんかな?
胡椒の掛けっぷりに驚き…
シェイクするかのように振りまくる胡椒に唖然の僕。
勝手なこだわりなんですが、一口も食べる前に胡椒を掛けるなどしたこと無かったので…
そしてその胡椒のおかげで、漫画の世界のようにクシャミをする奥さんと目の前の僕(笑
洒落にならんて、お父さん…
まぁ、美味しく食べれたらそれでいいのだけど…

さて、気を取り直して戴いた中華そば。
醤油らーめん  豆天狗
昭和24年創業、飛騨高山の名店お味は、豚骨・鶏ガラ・野菜・削り節・煮干を
8時間以上釜で炊き出すそうですが、一口すすると鰹節が際立ったあっさりスープ。
そこに醤油タレの味が浸み渡った叉焼、メンマと刻みネギ。

細めの緩めの縮れ麺とスープの相性は良い感じ。
ですが麺にコシは感じられなく軟かめで提供された感じ。
中華そば=昔風の優しい味わいなのですが鰹の風味が強く若干、好みと違いました。

つけ麺もあるそうですが、好きな人には堪らん一杯なんでしょうね。
  1. 2010/09/05(日) 00:52:55|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺達 セントレア店

札幌に帰郷する前にセントレアで腹ごしらえ。
蕎麦でも食べましょうと4階のレストラン街に向かうと待ち客3組。
諦め、まるは食堂で軽く一杯と向かうと此方は長蛇の列…

搭乗手続きまで1時間を切りラーメンでも食べましょうと此方の店舗へ。
麺達 セントレア店
外観 麺達
食券は入口にあるタッチパネルなのですが…
子供連れのお客さんなのですが子供に任せ、何度もやり直してるのを見ていた
後ろのお客さんもヤキモキしたのか、店員さんを呼び付け怒ってます(汗

販売機の前でもたつくのは、仕方ないのだけど並んでる客を考えると、
最新のタッチパネルは子供の遊び道具に見えてしまうのは僕だけでしょうか(笑

とりあえず購入した僕は豚骨らーめんを選択です。
なんでも名古屋は豊明に本店を構えるお店だそうで、豚骨の人気店。
低カロリー(394)って凄いなぁ…
豚骨ラーメン  麺達
さてお味の方は僕は意外と好きかも。
独特の臭みもなく、クリーミーなスープは白胡麻の風味も良い感じ。
麺は細めのストレートやや硬めで万人ウケが良さ気です。

空港内で650円で食事できることを考えたら得した気分でした(笑
  1. 2010/09/03(金) 00:00:19|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふじ原(昼)

2010 8月訪問

ふじ原(昼)さんに訪問しました。

2種の献立があり、迷いましたが秋刀魚の定食を。
空心菜のお浸し
出汁の効いた空心菜はシャキと歯応え宜しく、あられの粉末が香ばしさを。
牛肉とジャガ芋煮
こちらは甘辛く炊かれ味が浸み込み新じゃがのほっくりした味わいで山椒の香りが立っていい感じ。
お昼ですがグラスでいただくビールの美味しいことと言ったら(笑
2010 8月 空心菜のお浸し  2010 8月 牛肉と新じゃが芋煮
秋刀魚の開き
3枚に卸した秋刀魚は中骨まですべてカリカリに焼かれて骨まで残さず戴けます。
添えられた蓮根の酢付けまで美味しい~
一膳目はそのまま戴きましたが米も艶々で甘く喜んで食べていたら、じゃこもありますからどうぞと。
もちろん二膳戴きます(笑
こちらのじゃこはやや乾燥は弱く柔らか目ですが、山椒も効いてなかなかのお味。
豆腐のお味噌汁に香の物には梅酢たくあん・胡瓜の浅漬け。
2010 8月 秋刀魚の開き 2010 8月 秋刀魚 2010 8月 じゃこ
入店時は外の暑さ考慮して冷たいおしぼりにお茶も温・冷と聞いて貰えたり
小さなことですが、お昼でも夜と変わらない心遣い。
オープン当時から1000円ランチを継続ってなかなか出来ることではないですね。
人気店ですが驕りがなく気さくなお店に惹かれ、通いたいお店です。
  1. 2010/09/01(水) 00:00:17|
  2. 『喰いもん』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
食べ歩いた記憶と記録。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。